SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

サントリー新浪氏は45歳定年制導入を!時代と逆行する考えである

 サントリーホールディングスの新浪剛史社長は9日、経済同友会の夏季セミナーにオンラインで出席し、ウィズコロナの時代に必要な経済社会変革について「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」と述べた。



新浪氏は政府の経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)の民間議員を務めるなど論客として知られる。


政府は、社会保障の支え手拡大の観点から、企業に定年の引き上げなどを求めている。一方、新浪氏は社会経済を活性化し新たな成長につなげるには、従来型の雇用モデルから脱却した活発な人材流動が必要との考えを示した。


ネットユーザーの反応です


荒川和久 認証済み、独身研究家/コラムニスト/マーケティングディレクターは、



既に高齢化率3割にならんとする日本において、むしろ逆に、いかに中高年者の労働力を発揮させていくかが特に大企業の経営者には問われる時代だと思います。もちろん、それは従来型の年功序列の賃金体系ではないかもしれませんが、「45歳までしか面倒みないのであとは自己責任で」と放り出される社会に安心があるとは思えない。


それでなくとも晩婚化で、男性の平均初婚年齢は31歳。たとえば3年後の34歳で第二子を産んだとして、その子がまだ11歳の時に定年を迎えるわけです。一番金のかかる高校から大学にかけての部分の見通しがないのだとしたら、そもそも子育てどころか結婚する意欲すら失われることでしょう。一方で3組に1組が離婚する現代、ひとり親世帯のボリュームが多いのも40代の層です。


世界的に中間層の充実が叫ばれる中、まさに中間層の大部分がその年代でもあり、ここを切り捨てては未来がなくなるのではないでしょうか。


岡部卓 認証済み、明治大学公共政策大学院専任教授/社会福祉研究者は、



時代と逆行する考えである。


雇用の流動化を図り経済成長につなげる方策の一つとして早期の定年制の導入を打ち出しのであろう。

コロナに乗じて述べているが、結びつける話ではない。これまでも労働市場の規制緩和により正規雇用を減らし、パート、派遣など非正規雇用を増やしてきた。その結果、格差が広がり、働いても生活が維持できない多数の労働者を生み出してきた。45歳定年制の導入は、それに拍車をかけることになる。


人口減少社会が進行するなかで、中高年の経験や能力を活かす、また雇用を守り、労働者の生活の安定・向上に努めるような方策が求められているのである。この考えには、それが出されていない。企業利益の追求はあるが、労働者の利益に資する姿勢がみられない。


これは、単に早期の定年制導入の問題にとどまらない。労働者の雇用と生活を守る企業のあり方、そして国民・住民の生活を支える社会保障に密接に関わる問題である。


横山信弘 認証済み、経営コラムニストは、



「人生100年時代」という表現が日本でも広まったのは5年以上も前の話である。「人生80年時代」の過去の考え方はもう通用しない。「老後」は60歳以降ではなく、80歳以降の時代となったのだ。


「人生100年時代」のライフステージでは20~80歳までの仕事ステージを複数に分解している。たとえば60歳近くまで会社に依存すると考えるとパラレルキャリアの道を閉ざすことになる。リスクしかない。


NECが45歳以上の希望退職者を募り、グループで約3000人の削減に踏み切った、いわゆる「黒字リストラ」を実施したのはコロナ前である。昨今では、業績を上方修正したホンダも世代交代を見据えて2000人の希望退職者を募った。長年勤めた会社を突然辞めるのには覚悟が必要だ。だからパラレルキャリアを考えるうえで、会社ははやめの準備をさせる義務がある。「100年」と言われた人生が、さらに伸びる可能性も出てきたのだから。


常見陽平 認証済み 、千葉商科大学国際教養学部准教授/社会格闘家は、



新浪さん、まずはサントリーで「やってみなはれ」。これでメリット・デメリットが明らかになります。


早期退職制度という意味で企業で既に導入されているとも言えますし、社会全体に関わる話なのか、選択的導入なのか、日本の「雇用終了」にメスを入れるのか。論じ方が変わってきます。二重、三重にこじれた話であり既にそうなっています。


就活生の頃や若い頃は輝いていたのに、働かないオジサンが増えると言われる企業社会に一石を投じるものでもあります。45歳までは組織内で合った仕事を探し、それ以降は管理職を目指すか専門家になるか選択するという働き方にも見えます。一方で、新種のリストラ策にもなりえます。人手不足の中、社員を手放すのかとも。


なお、この手の話は、よくリクルートが事例になりますが、もう約20年前に見直しています。東大の柳川先生が40歳定年本を発表したのが2013年。環境の変化も含め議論したいです。

サントリー新浪氏は45歳定年制導入を!時代と逆行する考えである サントリー新浪氏は45歳定年制導入を!時代と逆行する考えである Reviewed by RichKid on 9月 10, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.