SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

“珍光景”滑り込んだ走者の「足元にヒヨコ」!日本ハム 4ー1 ソフトバンク

 ベースカバーに入った遊撃・川瀬がなぜか心配そう「そっと手を添えるやつ」



ソフトバンク・甲斐拓也捕手の“完璧すぎる送球”が、二塁ベース上で思わぬ珍光景を生み出した。24日にPayPayドームで行われた日本ハム戦。ベースカバーに入った遊撃・川瀬のグラブに日本ハムの走者・西川のスパイクが“くっついた”事態に、ファンからは「可愛い」「そっと手を添えるやつ」などと注目している。


初回2死一塁で、日本ハム・近藤の打席での5球目だった。一塁走者の西川がスタートを切ったが、甲斐は二塁ベースとスライディングする足との間に送球。川瀬はそのまま捕球してタッチアウトとなったのだが……。なぜか川瀬は自らのグラブを大事そうに抱えるような仕草で心配そう。スパイクが突き刺し、グラブから離れなくなっていた。


この一部始終を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが「【キャノン炸裂】川瀬晃『ここで突然ですがクイズです…』」と題して動画を公開。心配そうな川瀬の仕草に対して「足元にヒヨコを見つけたから」「足元に押しちゃいけないボタンがあるから」「グローブとスパイクが絡まってしまったから」と選択肢を示すと、ファンは「足元にヒヨコを見つけたから なんか、大事そうに手を添えてる笑」と即答。一方で、「送球の正確さエグい……」「ベース横に鋭い送球ぱねぇっす」と甲斐キャンノンにも驚いていた。



グローブ壊れないように、足捻らないように、ボールこぼさないようにそーっと対応したのかな。


心配する西川選手、笑顔で対応する川瀬選手、微笑ましいプレーですね。


ヒヨコという例えはイマイチしっくりこないけど。


甲斐凄さはこれなんだよね!肩も強いけど、それより取ってから投げる速さと送球の正確さ。

“珍光景”滑り込んだ走者の「足元にヒヨコ」!日本ハム 4ー1 ソフトバンク “珍光景”滑り込んだ走者の「足元にヒヨコ」!日本ハム 4ー1 ソフトバンク Reviewed by RichKid on 9月 25, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.