SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

思春期の悠仁さまに眞子さま結婚問題も影響…天皇陛下、皇太子は所作が大事ですy

 9月11日、秋篠宮妃紀子さまが55回目のお誕生日を迎えられ、宮内庁担当記者からの質問に文書で回答される。そこでは国民的な関心事となっている眞子さまの結婚問題にも回答するとみられているが、紀子さまを悩ませる問題がもう1つ。ご長男・悠仁さまの「進学問題」だ。9月6日、悠仁さまは15才の誕生日を迎えられる。お茶の水女子大学附属中学校の3年生となられたいま、注目されるのがその進学先だ。



「高校は女子校となるため、悠仁さまの受験は必須。すでに紀子さまはご進学先の目星を付けられているはずです」(皇室関係者)


これまで、紀子さまは「将来の天皇」である悠仁さまの教育に腐心されてきた。


宮内庁関係者は、「眞子さまのご結婚問題が表面化してから、その熱はますます高まっているそうです。お嬢さま方との距離が生まれた分、悠仁さまへと意識が向かった面もあるでしょう。ですが、反比例するように、悠仁さまとも距離が生まれているようで……」



紀子さまは、時に「母子密着」といわれるほど、教育面のみならず身の回りのことにもつきっきりであられたという。しかし、近頃はその関係性に変化が見られるそうだ。


前出・宮内庁関係者は、「悠仁さまもお年頃ですから、“母親べったり”ではなくなっているのでしょう。身の回りのことは秋篠宮さまがかかわられる場面も増えているようです。この夏は秋篠宮さまとおふたりで私的に外出されたり、おひとりで皇居に虫捕りに出かけられることもあるようです」



姉の結婚問題に揺れ、緊張感の絶えない家から離れるように、悠仁さまは虫捕りに出かけられるのだ。


別の宮内庁関係者は、「眞子さまのご結婚問題が、思春期の悠仁さまに与える影響が心配です。近頃の悠仁さまは、荒々しい言動が目立つと聞きます。紀子さまに対する物言いは顕著なもので、些細な言い間違いにも罵るような口調で指摘されることがあるようです。穏やかだった悠仁さまがそれほどに強烈な反抗をされるようになったのも、ご一家を取り巻く異様な雰囲気が原因に思えてなりません」



宮家の職員の前で面罵されても、紀子さまは沈黙されるばかりだという。


娘かわいさのあまり特権を濫用する父母、30までに結婚したいなどと言う子供じみたわがままのために公より私を優先する姉、周りにいる人物に良い影響を及ぼす人物がいないのが気がかりと司会言いようがないと思う。これでは将来の日本を背負って立つのに相応しい人物に育つ可能性は低いという気がする。今後の動向に要注意だと思いますね。もし今の宮家体質を受け継ぐなら本当に令和で終了になってしまうと思う。

思春期の悠仁さまに眞子さま結婚問題も影響…天皇陛下、皇太子は所作が大事ですy 思春期の悠仁さまに眞子さま結婚問題も影響…天皇陛下、皇太子は所作が大事ですy Reviewed by RichKid on 8月 27, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.