SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

三遊亭多歌介さんはコロナ感染症で死去…多歌介さんは天国に行くと思いますs

 落語家の三遊亭多歌介(たかすけ、本名・栗原史郎)さんが27日、新型コロナウイルス感染症のため死去した。東京都出身、54歳。落語家協会が29日に発表した。家族も現在療養中で、通夜・告別式については未定。



同門の三遊亭鬼丸(48歳)は27日深夜にツイッターを更新。「今日三遊亭多歌介兄さんが逝去」と訃報を伝え「ワクチンを否定した兄さんがコロナで。多分当人はコロナで死ぬとは思わず死んだと思う。だから皆さんはワクチンを打ってください。色々反対派がいるのはわかりますが千葉真一さんも打たずに死んでますから」と呼びかけた。


鬼丸は続けて「多歌介さんは天国に行くと思います。お金が好きでバカでロクでもない人でしたが優しくて気前のいい人でしたので。もうちょっと優しく接しても良かったなぁとスゴく反省してる夜です」と投稿し追悼。絆の深さを感じさせた。



落語協会では感染時期などを確認中だが、17日には東京・上野の鈴本演舞場の寄席に出演していたという。


多歌介さんは83年に3代目三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ちわり」だった。89年に二ツ目に昇進し「三遊亭歌風」を襲名。98年に真打ちに昇進をして「三遊亭多歌介」と改名した。主な持ちネタに「師匠の十八番」「浪曲社長」など。


客観的に見て少なくとも芸能界と高齢者はワクチン接種するメリットの方がデメリットより大きいと思う。



ネットユーザーの反応ですは「医療従事者です。こんなことを言ってはいけないのは重々承知しております。


たぶん、いま自分に余裕がなくなっているんだろうとも思いますが、いま私たちの本音をぽつり。ワクチンは強要することはできません。


でも、打ちたくてもすぐに打てないで不安になってる人はたくさんいます。その中で、確実に打てる機会があったのに、自らの意思で打たずに結局感染。



そういう人が、重症者の病床を占拠するなど、選択的に接種を拒んだ人にあるまじきことと考えてしまう時があります。


ごめんなさい。すこし呟かせていただきました。今後もがんばります。」

三遊亭多歌介さんはコロナ感染症で死去…多歌介さんは天国に行くと思いますs 三遊亭多歌介さんはコロナ感染症で死去…多歌介さんは天国に行くと思いますs Reviewed by RichKid on 8月 29, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.