SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

巨人大物OBが中田翔の電撃トレードに“辛口意見”…広岡氏は「あきれた…」

 日ハムのチーム内で暴力事件を起こして無期源出場停止処分中だった中田翔が20日、無償で巨人に電撃移籍した。巨人の原辰徳監督と日ハムの栗山英樹監督の“ホットライン”で自らがまいた種とはいえ選手生命が絶たれかけた中田に再チャレンジの舞台を作ったもの。さっそく中田は、この日1軍の練習に合流、今日21日の横浜DeNA戦から1軍選手登録される予定だというが、“早すぎる復帰”などに賛否の声が飛び交っている。



球界や野球ファンを「あっ」と言わせる電撃トレードだった。20日の午前中に日ハムと巨人の両チームが中田の無償トレードの成立を発表。中田は、濃紺のスーツ、ネクタイ姿で入団会見に臨み、反省と謝罪を口にして、新天地での一からの出直しを誓った。


日ハムがチーム内の同僚選手に暴力をふるったことを理由に中田に無期限出場停止処分を下したのが11日。4日に函館で行われた横浜DeNAとのエキシビションゲームの前に後輩選手を殴り、その選手からの訴えがあったため、中田や周囲の選手、関係者から事情を聞いた上で、統一契約書、野球協約に触れる行為だと認定して厳罰を下した。その後、栗山監督が「このチームでは(プレーを続けるのが)難しい」と事実上の戦力外であることを明かすなど、去就が注目されていたが、巨人の原監督が、救いの手を差し伸べた。



中田は会見後に東京ドームで行われた横浜DeNA戦の試合前練習に合流。今日21日から1軍登録され、巨人の中田としてデビューする可能性が高いという。


衝撃的なトレード発表は、大きな波紋を広げているが、巨人OBでヤクルト、西武で監督も務めた“球界大御所”の広岡氏は、この発表を聞いて「あきれた」という。


「なぜ天下の“大巨人”が中田を獲得したのか、本当に巨人が中田を救うべきだったのか、との疑問が浮かぶ。私はこのトレード発表を聞いて、正直、あきれてしまった。反対だ。トレードが決まった経緯や理由は、よくわからないが、おそらく栗山が原に一生懸命、頼んだのだろう。原は“オレが再生してみせる”という覚悟で獲得を決めたと思う。だが、今、このタイミングで引き受けるべきだったのか。昔から表に出ないチーム内の暴力事件というものはプロ野球界にはあった。理由がどうであれ、それを簡単に容認するような野球界であってはならない。ようするに甘いのだ」



日ハムが「無期限出場停止処分」を下したのは統一契約書第17条(模範行為)違反で、野球協約第60条(1)の規定に該当するものと認定したためでNPBコミッショナーからも「出場停止選手」として公示された。それが移籍でチームが変わった途端、わずか9日で処分が解除されたことになった。一部のファンからは批判の声が出ているが、広岡氏も同意見。


さらに広岡氏は、「中田という選手が入ることで、また何人かせっかく育ってきた生え抜きの若い選手の出場機会が減り、若い芽を摘むことにもなってしまう」と危惧する。



今季の巨人の一塁は主に中島、ウィーラーが守っているが、中田が一塁で起用されることになると、また押し出されてしまう若手が出てくる。チーム内競争が激しくなるのは、歓迎すべきことかもしれないが、「生え抜き育成」の妨げにはなる。


そして広岡氏は、こう厳しい意見を続けた。


「戦力としても中田が逆転Vの切り札になるとは考えにくい。中田には、過去にタイトルを獲得した経験と今の巨人に欠けている長打力があるが、昔の名前では通用しないのだ」



今季の中田は開幕から調子が上がらず、ここまで39試合出場で、打率.193、4本塁打、13打点と低迷している。腰痛にも悩まされ、ファーム落ちも余儀なくされた。昨年は31本塁打、108打点の成績を残して、4年ぶりに打点タイトルを獲得、本塁打タイトルも楽天の浅村栄斗にわずか1本差に迫るなど復活のシーズンを送っていたが、一転して、苦悩のスランプのシーズンとなっている。


しかし、原監督は批判の声が出ることを承知の上で、中田という野球界の逸材の未来が閉ざされることを懸念して再チャレンジのチャンスを与えることを決意した。「過ちを犯した選手」が、一から出直すチャンスがあるのも、プロ野球という実力の世界の魅力だ。


親分肌の中田は、真面目で心優しき男。暴力行為は絶対に許されるべきではないが、本当は正義感の強いアスリートなのだ。



“大御所”も中田の新天地での再生に辛口のエールを送る。


「紳士たれ!を伝統とする巨人は、茶髪や髭などはアウト。私生活での行動も含めて日ハムと違ってあらゆる部分に厳しさがあるチームだ。そういう意味では、自分勝手はできないし中田が再生するチャンスのあるチームではある。中田はダメなら終わるくらいに気持ちを入れ替え野球人生をかける決意で取り組まねばならない」


再生のポイントは、原監督とコーチ陣の指導力だという。


「大事になってくるのはコーチの存在だ。日ハムは、栗山以下コーチが、彼のやりたい放題に放置したから、こういう事件が起きた。いくら実績のあるベテランと言えどもコーチが教育しなければならない。原以下、巨人のコーチが中田と一緒になって野球への向き合い方、取り組み方を変えることができるかどうかにかかっていると思う。本来コーチには選手に幸せをつかませるという役目があるのだ」


注目の中、背番号「10」を背負った中田は、早ければ今日21日にも巨人デビューを迎える。

巨人大物OBが中田翔の電撃トレードに“辛口意見”…広岡氏は「あきれた…」 巨人大物OBが中田翔の電撃トレードに“辛口意見”…広岡氏は「あきれた…」 Reviewed by RichKid on 8月 21, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.