SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

NZ代表が試合後ロッカールームに残した“粋なメッセージ”ネットで話題…サッカー韓国代表 「うぬぼれが招いた大敗だ」

 サッカーU―24日本代表DF中山雄太(ズウォレ)が1日、五輪男子サッカー準々決勝のニュージーランド戦が一夜明け、自身のインスタグラムを更新。PK戦の末敗れたニュージーランド選手団から日本へ向け「ありがとう鹿島・東京2020。日本代表の幸運を祈っています」とロッカールームに“粋なエール”が残されていたことを明かした。



ニュージーランド戦は0―0のまま延長戦でも決着つかず。PK戦にまでもつれた結果、日本が4―2で勝利し準決勝進出を決めた。


惜しくも4強入りを果たせなかったニュージーランドだが、試合後のロッカールームには英語と日本語で残したメッセージがあったと中山がSNSで紹介。そこには「ありがとう鹿島・東京2020。素晴らしい時間を過ごせました。日本代表の幸運を祈っています。頑張れ!ニュージーランド フットボール」と日本への感謝と日本代表へのエールが綴られていた。



この行動にネット上では「試合内容にも、試合後にもニュージーランドに拍手」「ありがとう、ニュージーランド代表。なんて素晴らしい代表だ」「これがオリンピックの素敵な所です」「彼らに感謝の意を込めて拍手を送りたい」と絶賛の嵐。


中山も「私はサッカー選手の前に、一人の人としての彼らを深く尊敬します。日本では現在、多くのアスリートがプレーしていて、今回のような心温まるニュースがあります。僕自身は何もしていませんが、日本のパーソナリティとおもてなしの精神に誇りを持っています。人と人との繋がりは本当に素晴らしいと思います。世界が今よりも温かいニュースで溢れることを願っています」とニュージーランド代表にも伝わるように英語で感謝のメッセージを載せた。



接戦の末に日本に敗れたニュージーランド。かなり悔しい想いがあったはずですが、試合後の素敵なエピソードを中山選手が明かしています。


スポーツの世界で、「グッドルーザー」であることは、本当に難しいことだと思います。元々、アマチュアスポーツの最高峰だったオリンピックですが、今ではプロ選手の参入も当たり前になっているので、尚更です。


そのなかで、ニュージーランドの選手たちが示した姿勢というのは、勝ち負け以上の何かを教えてくれるものだった気がします。



最近では、SNSでのアスリートに対する誹謗中傷が話題になっていますが、あれだけ戦ったニュージーランドの選手たちが感謝の意を述べているのですから、我々はそこから学ばなければいけません。


一方、サッカー韓国代表 「うぬぼれが招いた大敗だ」


東京五輪サッカー男子の韓国代表が、7月31日の準々決勝メキシコ戦に3―6の大量失点で敗れ、同国内で批判にさらされている。



1次リーグの結果次第で日本と準々決勝で対戦する可能性もあったが、1位突破でメキシコと対戦。2012年ロンドン五輪銅メダル以上を目指したものの、突きつけられたのは厳しい現実だった。守備が崩壊しての大量失点では、勝てるはずもなかった。金鶴範監督は「6失点は受け入れがたい。われわれは守備の準備ができていなかった。監督の私が対応しきれず、このような結果になってしまった」と頭を下げた。


この惨敗には同国メディアから厳しい指摘が飛び出した。「スターニュース」は「気付いたときには時すでに遅し。今回はうぬぼれが招いた大敗だった」と報じた。



韓国はニュージーランドとの1次リーグ初戦に0―1の敗戦を喫したものの、その後はルーマニアに4―0、ホンジュラスに6―0と大勝して1位突破。ただ、大量得点は、相手が退場した後やPKによる得点が多くを占めた。にもかかわらず、攻撃力を過信したというのだ。


そのためメキシコ戦は攻撃的布陣を組んでしまい、まんまとやられてしまったという指摘も。戦い方を変えていれば、結果は違っていたかもしれない。

NZ代表が試合後ロッカールームに残した“粋なメッセージ”ネットで話題…サッカー韓国代表 「うぬぼれが招いた大敗だ」 NZ代表が試合後ロッカールームに残した“粋なメッセージ”ネットで話題…サッカー韓国代表 「うぬぼれが招いた大敗だ」 Reviewed by RichKid on 8月 01, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.