SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

新型コロナ感染の野々村さんは、入院中の苦しさを明npo

 新型コロナウイルスに感染し入院していた、タレントの野々村真さん(57)が、OfficialYouTube『オッサンず苦LOVE』で退院したことを報告しました。



入院中の苦しさを明かし、医療従事者の方々への感謝の気持ちを語った野々村さん。


「YouTubeをご覧いただいている皆様にも、励ましの言葉をいっぱいいただき、それも本当に勇気づけられて頑張ってコロナと闘うことができました。本当に感謝しております」と心境を明かしました。


さらに「いろんな検査の数値も安定し大丈夫と聞けたので、今回退院することができました。皆さんにこんなに応援していただいていることを改めて感謝し、仕事のほう、また一生懸命頑張っていきたいと思います。皆さんに楽しんでテレビを見ていただけるようこれからますます頑張っていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願い致します」とコメントしました。



野々村さんは、仕事関係者が感染したことを受け、濃厚接触者となる可能性があったためPCR検査を受診。新型コロナウイルスに感染していることを、7月31日に所属事務所が発表していました。


野々村さんは感染が確認された当初、自宅療養を続けていましたが、体調が悪化したため、今月5日に入院。入院の翌日には血中酸素飽和度が急激に低下。さらに、マスク吸入をして心電図を装着、トイレやお風呂などにも一切いけず寝ているだけの状況となっていたということです。


野々村 真は、日本のタレント、俳優、司会者。旧芸名は野々村 誠。東京都文京区本郷出身。


本郷で、祖父の代から青果店を営む家庭に生まれる。文京区立湯島小学校、文京区立第四中学校を経て、城西高等学校中退後、明治大学付属中野高等学校定時制に編入し、卒業。



1982年、18歳当時に劇男一世風靡が分裂する前の劇男零心会に参加していた。渋谷のNHK前や原宿の路上で踊っていたことがある(劇男零心会には参加していたが、劇男一世風靡には参加していない)。同劇団の公演をフジテレビプロデューサー(当時)の横澤彪が見学に来ており、新番組(『森田一義アワー 笑っていいとも!』)のアシスタントを選出するオーディションを勧められる。後日、劇団員数人とオーディションに参加。劇団員の中で唯一合格を果たし、既にタレントとして活動していた羽賀研二・久保田篤と初代いいとも青年隊としてデビュー。


1995年に、10年以上にわたって交際(同棲)していた元アイドルの坂上とし恵と結婚。翌年、妻は芸名を野々村姓の本名に改名し、野々村俊恵名義で芸能界に復帰。夫婦共演でのTV出演も多く、恐妻家タレントとしても有名となった。その後、俊恵との間に二児を設け、現在俊恵は基本的に主婦業に専念している。

新型コロナ感染の野々村さんは、入院中の苦しさを明npo 新型コロナ感染の野々村さんは、入院中の苦しさを明npo Reviewed by RichKid on 8月 26, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.