SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

二階幹事長に非難続出で「失笑の嵐」がトレンド入り !菅首相にレッドカードni

 さもありなんというべきか…。新型コロナウイルス感染の対応策など政治不信が渦巻く中、ネット上では4日、「失笑の嵐」がトレンド入りした。



この日、ツイッター上では菅義偉首相の任期満了に伴う総裁選について、自民党の二階俊博幹事長が「菅首相がしっかり頑張っていて、今すぐ菅首相を代える意義は私は見つからない」と発言したという記事を添付する投稿が続出。


これに関して「扱いやすい菅総理を総理にしがみつかせたいのかしら」「俺にはわからない打算が含まれているのか、ボケてるのか」「真夏の怪談」「失笑の嵐と言ったって、二階氏ひとりお引き取り願えないのが今の日本でしょ」「首相って何か仕事した?正直、企業で働いていたら解雇レベルだと思ってますが」など、次々と辛辣なコメントが次々と書き込まれた。



さらに、有効なコロナ対策を打ち出せていない菅首相に対し、「菅総裁は頑張っている。むしろしっかり『続投していただきたい』という声の方が、国民の間にも党内にも強いのではないか」とコメント。このKY発言に対し、国民から批判が強まっている。


ネット上では「ボケているのか!?」「その国民の中に私は入ってない!」「国民の声なんて聞いちゃいない証」とあきれる声がズラリ。また、五輪後に実施される公算が大きい衆院解散・総選挙に向けて、「民意を読めない二階と菅を落選させよう」と訴える声もあった。



一方、自宅療養原則への政府方針転換で尾身氏「事前に相談なかった」


政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は4日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、入院対象者を重症者らに絞り込む政府方針について、事前の相談を受けていなかったことを明らかにした。尾身氏は「政府とは毎日のようにいろいろなことで相談、連絡、協議しているが、この件に関して相談、議論したことはない」と述べた。


この点について、田村憲久厚労相は答弁で「病床のオペレーションの話なので政府で決めた」と理由を述べた。田村氏は「(今年春に)大阪では感染が拡大して中等症で重い方々が病床に入れなくなった。(東京は)今はその感染拡大局面に入りつつある」と指摘。その上で、「このままでいくと中等症で入らないといけない方が病床に入れずに在宅で対応できないことが起こる。中等症で呼吸管理している重い方々は入院するが、中等症でも軽い方は(病床を空けることで)重い方が来た時に入れるような状況を作る。国民の命を守るために必要な対応だ」と理解を求めた。



また公明党の高木美智代氏は政府方針を批判した上で、「撤回を含め検討し直してほしい」と求めた。立憲民主党の長妻昭副代表は「人災だ」と批判した。


「中等症の軽い方」を入院させずに守ることができるのか、専門家の意見を聞かないと分からないのではないでしょうか。そもそも「中等症の軽い方」とはどこまでなのか、線引きも現場の医者や専門家でなければ分からないと思います。


正しい判断をするために、専門性の高い知見が必要となる場合には、専門家の意見を聞くことは必須です。



裁判でも、法廷に専門家を呼ぶことはよくあります。最終的に判断するのは裁判官ですが、専門家の知識や意見を踏まえて判断するか、踏まえずに判断するかで、大きな違いが生まれると思います。


政治は、国民みんなの利益をどう調整し、みんなが幸せに暮らせるようにするか、という問題ですから、政治判断には重い責任があります。人の命がかかっている政治判断を行うときに、専門家の意見を聞かないという姿勢には、疑問を感じます。


新型コロナウイルス患者の入院対象を重症者らに限定する政府の方針に対し、コロナ治療に携わる現役医師からも強い反発の声が上がっている。



多くのテレビに出演している「インターパーク倉持呼吸器内科」(宇都宮市)の倉持仁院長は、菅首相を「無為無策 自宅で死ぬなどあってはならぬ あんぽんたんとはもはや言わじ」と強い口調で批判。「この人に政治を司る資格なし!すぐやめてください」と切り捨てた。

二階幹事長に非難続出で「失笑の嵐」がトレンド入り !菅首相にレッドカードni 二階幹事長に非難続出で「失笑の嵐」がトレンド入り !菅首相にレッドカードni Reviewed by RichKid on 8月 04, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.