SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

東京五輪ベンチで「ガムくちゃくちゃ」、韓国野球選手が謝罪 …もいつも韓国は何かしら物議を醸す出来事を起こすよなk

 あの3位決定戦から8日が経過し、ようやく当人が想いを明かした。



東京オリンピックに出場した韓国の野球代表選手が、ベンチでガムを噛む姿が中継カメラに映し出されて韓国で物議を醸した中、同選手が謝罪した。


8月7日に行なわれた東京五輪・野球競技の3位決定戦で、韓国はドミニカ共和国と対戦して6対10の逆転負けを喫した。問題のシーンがライブ映像に映し出されたのは8回表だ。5番DHでスタメン出場し、4打数2安打1打点と気を吐いていたカン・ペクホが、ベンチに座って口を大きく開け、噛んでいた白いガムが口元から飛び出すだらしなさで、多方面の不興を買ったのである。



ライブ中継した公共放送『KBS』で解説を務めた元メジャーリーガー、パク・チャンホ氏は「あり得ない!」とバッサリ。「ずっとカン・ペクホの様子を観ているが、看過できない態度だ。たとえ負けていても、我々戦士は弱気な素振りは絶対に見せてはいけない。闘う姿勢を示さなければいけないんだ!」と怒りを露にした。


ネット上でも否定的な意見を相次ぎ、金メダルはおろか4位に終わった韓国代表チームへの不満もあいまって、批判の嵐が吹き荒れた。帰国後もカン・ペクホは一言も語らず、代わって代表チームの監督や、所属するKTウィズの監督が謝罪するという異例の展開に。そして現地8月15日、プロ野球ゲームの終了後にようやく本人が会見場に現われ、自身の言葉で釈明を行なったのだ。



22歳のニュースターは「本当に申し訳なく思います」と切り出し、「監督やファン、そしてベストを尽くして戦った代表選手のみなさんにお詫びしたい。すべての試合で頑張ってプレーしていたのに、自分のせいでイメージを劣化させてしまった」と悔やんだ。続けて、あの瞬間になにがあったのかを回顧した。


「とにかく、なにも考えていなかった。(大逆転されて)ひどく落ち込んでいて、心を痛めて、酷く後悔していたことしか覚えていません。僕たちはダッグアウトでも戦っていたし、試合を諦めたつもりもありません。ただあのときは、どこかボーっとしていて、もっと注意深く行動するべきでした」



また「試合終了後、状況を知った。僕は見せてはならない姿を(ファンに)見せたことは事実。叱責を受けるのは当然だ」とした上で、「もっと慎重であるべきだったが、あまりに安易に考えていた。(大量失点が)悔しくて、ぼんやりしてしまっていた。実際、試合中ずっとあのような態度をとっていたわけではないが、それでも申し訳ないことに変わりはない。弁明なく、大変申し訳ない。今後、試合でお見せする選手というよりも、人としてファンに認めていただけるように努力する」と謝罪の言葉を伝えた。


そして「野球界のイメージを損なうような振る舞いをしてしまい、申し訳ございませんでした」とあらためて謝意を示し、「言い訳はしません。今後のプレーで誠意を伝えていきたい。良い人間だと理解してもらうために、ハードワークに励んで、もっと良い選手になりたいと思います」と誓いを立てた。

東京五輪ベンチで「ガムくちゃくちゃ」、韓国野球選手が謝罪 …もいつも韓国は何かしら物議を醸す出来事を起こすよなk 東京五輪ベンチで「ガムくちゃくちゃ」、韓国野球選手が謝罪 …もいつも韓国は何かしら物議を醸す出来事を起こすよなk Reviewed by RichKid on 8月 17, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.