SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

元・光GENJI大沢樹生は俳優・木下ほうかに敗れる!「後悔ない」hou

 “格闘家デビュー”の元光GENJIで俳優の大沢樹生(52歳)が俳優の木下ほうか(57歳)とキックボクシングルールで対戦し、0-3判定で敗れた。



芸能界で共演はなく、前日計量も欠席した木下とはこの日が初対面。「上下関係が厳しい世界だが無礼講でやらせてもらう」と闘志をみなぎらせていたが、空手黒帯の木下に全く歯が立たなかった。


1回から積極的に仕掛けるも、ローキックを何度も浴び、打撃でも圧倒された。それでも敗戦後は「できることはやった。すごく後悔のない挑戦だった」とすがすがしい表情。木下からは「もっと簡単に勝てると思っていたが、負けん気を感じた」と言葉をもらい、笑顔を見せた。



プロレス好きで18年末にはリングに上がったこともある。4月の前回大会を観戦し、プロデューサーの小比類巻氏に出場志願。5月からジムに通い始めた。「舞台も映画も与えられた期間で完璧に役作りをして臨む」と俳優らしく、本番にきっちり間に合わせた。


出場が決まった後も「(光GENJIの)元メンバーから一切連絡がない」という。敗れはしたが、大好きな格闘技を堪能。「新たな目標ができた。次また挑戦させていただきます」。5歳年上の木下に敗れたが“ガラスの50代”大沢はさらに強くなって帰ってくる。



この対戦が決定してから、木下はSNSでキレのあるサンドバッグ打ち動画などを披露、今年5月8日からキックボクシングを始めたばかりの大沢は太刀打ちできないと予想されたが、試合序盤から大沢のジャブが度々ヒット。そして左ストレート、左アッパーをヒットさせるなど、いい滑り出しを見せる。対する木下はローを中心に、徐々に攻め立てる。そして木下得意のバックハンドブローがヒットすると、大沢はバランスを崩し倒れるもスリップ判定。


2Rには木下の右ストレートがクリーンヒットし、大沢の顔が横を向くも耐える。大沢は終盤に反撃、木下はバランスを崩しロープを背に倒れそうになるなど互いに譲らぬ展開となったが、判定は木下の勝利となった。



木下は「もっと綺麗に、簡単に勝てると思ったけど、正直2回ほど気が遠くなりました。一瞬、2回やめようかなと思う時がありました。試合というのは稽古としんどさが違いますね。負けん気を感じて怖かったです。でも、ギリギリ勝てて良かったです。もう2度と出ませんが。練習するたびに怪我するんですよ」と語った。


主催の小比類巻貴之は「一週間前、ほうかさんから連絡があって『実は拳を痛めていて、パンチを打てないと思います。蹴りで勝負します』と言っていたけど、バンバン、パンチを出して、蹴りも出していました。これがほうかさんの強さです」と驚く。



負けた大沢に対しては「ほうかさんの練習を見た時にメチャクチャ強くて、これは勝てないと、絶対に倒されると、1Rもたないと、正直思いました。ただ、大沢さんがいつも練習に来て、元気に僕のミットにパンチやキックを叩き込んで、日に日にキックとパンチが強くなったんですね。その時に僕は、この試合は本当に分からないぞ、左のパンチが入ったら、ほうかさんは、もしかしたら倒れるかもしれない。そんな思いで今日は期待させてもらいました」と評価した。


これに大沢は「5月8日に、小比類巻道場に体験トレーニングに来ませんか? と誘われ、僕も格闘技がものすごく好きなので、1時間弱ほどの体験トレーニングをさせていただき、これで終わりだろうと思ったら入会申込書がそこにありました」と入会のきっかけを語り、それが今回の参戦に繋がった。


試合が決定してからは「自分も俳優をやってますので、映画でも舞台でも、クランクイン初日、本番には役を作り上げる仕事なので、できることはやったのですが、結果、私がほうかさんに負けてしまいました。でも後悔のない挑戦でした。負けてしまった以上、私にも目標ができました。次また、やらせていただきます。もっともっと強くなって」と次戦は更にレベルアップした姿を見せると語った。

元・光GENJI大沢樹生は俳優・木下ほうかに敗れる!「後悔ない」hou 元・光GENJI大沢樹生は俳優・木下ほうかに敗れる!「後悔ない」hou Reviewed by RichKid on 8月 28, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.