SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

江川紹子氏、東京パラ開会式で片翼の飛行「まったく不適切だと思います」…韓国メディア、「圧巻だった」と絶賛e

 ジャーナリストの江川紹子氏が24日、ツイッターを更新。東京パラリンピック開会式の演出に「障害がある人の無限の可能性を表すのに、片翼の飛行機で喩える、という表現がまったく不適切だと思います」との考えをつぶやいた。



東京パラリンピック開会式では、片翼の少女が、最後は空へ飛び立つというストーリーをさまざまな演出で表現。途中はデコトラに乗った布袋寅泰率いるロックバンドが登場するなど、話題となった。


江川氏は「片翼飛行の賞賛とか、よく分からない…。多様性とかとは違うでしょう」と投稿。続けて「ギターの演奏とかはよかったけど」「飛行機は安全が第一。たとえがよくありません」「障害がある人の無限の可能性を表すのに、片翼の飛行機で喩える、という表現がまったく不適切だと思います」との考えを示した。



そして最後に「飛行機ではなく、乗り物に頼ることのない、アニメ的な未来型の移動手段にすればよかったのではないですか?」との考えをつぶやいていた。


一方、東京パラリンピックの開会式で披露されたパフォーマンスが海外でも感動を生んでいる。


「WE HAVE WINGS(我々には翼がある)」をコンセプトに行なわれた同イベント。中でも注目されたのは、演劇「片翼の小さな飛行機」の物語だ。同演目で主人公として抜擢されたのは、羊膜索症候群や関節拘縮症による上肢下肢に機能障がいのある13歳の和合由依(わごうゆい)さん。



和合さんは、翼が1つしかないために飛ぶことを躊躇する様子を表情と全身で表現した。物語中盤では、悩む和合さんの前にこれまでに見たことのない光り輝く「デコトラ」が登場。デコトラから布袋寅泰さんが率いる4人組のロックバンドが現れると、そのパフォーマンスに勇気をもらう。前に踏み出す決意を固めた和合さんは、最後には約20メートルの滑走路を車いすで走り、無事飛び立ったのだった。


この一連の物語は、困難を乗り越えて戦いに臨むアスリートたちの姿が重ねられており、海外メディアの関心を集めた。オーストラリア公共放送局『ABC』では、「13歳のヒロインが片翼の飛行機の役割を演じ、ダンスと音楽で物語を伝えた。ダンス、バイオリンの音、ロックンロールによって瞬く間に感動を生んだ」と説明し、以下のように称えた。



「この物語のクライマックスは片翼の飛行機が飛び立った時で、これから始まる大会へ向けた感動の象徴となっている」


大舞台で演じきった和合さん。開会式後には「選手の皆、頑張ってね~」と無邪気に手を振る姿がパラリンピックの公式Twitterで公開されると、660を超えるリツイートがされ、大きな反響を呼んでいる。



また韓国のKBSテレビは25日、東京パラリンピック開会式で片翼の小さな飛行機が飛び立つ場面を「圧巻だった」と絶賛し「われわれには翼がある、誰にでも無限の可能性があるというメッセージを演出した」と伝えた。


日本の伝統工芸の「からくり」をモチーフにしたパフォーマンスも韓国メディアの注目を集め、開会式を通じて「美しく希望に満ちたメッセージが伝えられた」と紹介された。

江川紹子氏、東京パラ開会式で片翼の飛行「まったく不適切だと思います」…韓国メディア、「圧巻だった」と絶賛e 江川紹子氏、東京パラ開会式で片翼の飛行「まったく不適切だと思います」…韓国メディア、「圧巻だった」と絶賛e Reviewed by RichKid on 8月 27, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.