SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日韓戦で山田哲人に痛打を浴びた韓国人投手を「反民族行為者」と糾弾ê

 日本の野球ファンから心配の声が上がっている投手がいる。東京五輪で準決勝の日本戦に登板した韓国代表のコ・ウソクだ。



準決勝で激突した日韓戦で、コ・ウソクは2-2の同点に救援で8回に登板。1死一塁から近藤健介(日本ハム)の一ゴロで、ベースカバーに入ったが一塁を踏み損ねて併殺を取れず。近藤が一塁に生きると、日本はその後に2死満塁と好機を広げ、山田哲人(ヤクルト)の走者一掃3点適時二塁打で勝負の大勢が決した。


NPB球団の首脳陣は「コ・ウソクはベースカバーのミスが結果的に響きましたが、初球のあの直球をはじき返した山田を褒めるべきです。あのピンチの場面は続投でしょう。韓国の救援陣であれ以上の直球を投げる投手はいない。150キロ近い直球は球速以上の体感速度を感じるし、変化球はまだ発展途上だけどいい投手ですよ。まだ22歳と若いですしね。これから手強い存在として日本の前に立ちはだかると思います」



ただ、このコ・ウソクが日本戦に敗れた「戦犯」として、試合後に韓国国内から批判の集中砲火を浴びる事態に。日本に負けたことで一部のネットユーザーの怒りが収まらない状態になっている。


韓国メディア・WoW Koreaによると、ネットユーザーが情報を修正できるオープン百科事典サイト「ナムウィキ」で、日本に敗戦直後にコ・ウソクのページの名前や所属チームの掲載箇所が、「反民族行為者」、「朝鮮総督府総督」などと書き換えられていたという。



またコ・ウソクが一塁ベースカバーをミスしたプレーを指摘し、「行為芸術者」、「タップダンス」などと書き換えられていた。現在は全て元の状態に戻ったが、他の野球コミュニティサイトでもコ・ウソクに対して「反民族行為者」と非難が集中したため、ポータルサイト「ネイバー」は、コ・ウソクへの応援コメント欄を閉鎖した。


日本のSNS、ネット上ではコ・ウソクを心配する声が相次いでいる。


「韓国の投手、かわいそうすぎる。国を背負って投げているのに…。勝負の世界だから何が起きるか分からないし、あのベースカバーで吊るし上げるのは酷すぎる。韓国に戻っても安全な環境で住めるのだろうか」



「批判された投手の心が壊れるとか考えないのか?日本に負けたから腹が立ったのかもしれないが、品格がなさすぎる。身を削っているのに『反民族主義者』とか言われたら国の代表としてプレーしたいと誰も思わなくなる。コ・ウソク、大変だと思うけど頑張ってくれよ」


コ・ウソクは速球派投手として活躍し、韓国リーグでは19年に65試合登板で8勝2敗35セーブ1ホールド、防御率1.52をマーク。セーブ王争いには1差で敗れたがLGの守護神として活躍し、同年オフのプレミア12でも韓国代表に選出されて登板している。



侍ジャパンのエースとして活躍する山本由伸(オリックス)や、前半戦に20本塁打をマークし、球界の主役として活躍した大卒ルーキー・佐藤輝明と同学年で今後の成長が楽しみな投手だが、SNS上の度を越えた誹謗中傷で精神状態が心配される。


山田に痛打を浴びた際、コ・ウソクはうなだれて悔しい表情を浮かべていた。誰よりも責任を感じている選手を中傷することは許されない。


韓国は先進国になったと自慢しているが、やってることは後進国のままだ。

日韓戦で山田哲人に痛打を浴びた韓国人投手を「反民族行為者」と糾弾ê 日韓戦で山田哲人に痛打を浴びた韓国人投手を「反民族行為者」と糾弾ê Reviewed by RichKid on 8月 08, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.