SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

DaiGo氏「ホームレスの命はどうでもいい」に批判殺到 …DaiGo氏に対し「黙れ」「発言を取り消せ」

 メンタリスト・DaiGo氏のホームレスの人や生活保護受給者に対する発言が、「優生思想に直結する」「差別や攻撃をあおる」などとして、批判を集めている。DaiGo氏は自らのYouTubeで「生活保護の人が生きてても僕は別に得しない」「必要のない命は僕にとって軽い」などと述べた。その後、別の動画で「個人の感想」などとして謝罪をしない意向を示している。一方、生活困窮者をサポートする支援者は「言語道断」と強く批判。「ヘイトクライムを誘発しかねない」などとしている。





問題の動画での発言内容は‥


メンタリスト・DaiGo氏のYouTubeチャンネルの登録者数は約250万人。Twitterのフォロワーは76万人を超える。


8月7日に公開されていた問題の動画は、すでに20万回以上再生されている状況だ。DaiGo氏はライブ配信で、次のようにコメントしていた。



「僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めてるんじゃない。生活保護の人に食わせる金があるんだったら猫を救ってほしい。生活保護の人が生きてても僕は別に得しないけどさ、猫は生きてれば得なんで」


「自分にとって必要のない命は、僕にとって軽い。だからホームレスの命はどうでもいい。言っちゃ悪いけど、どちらかというホームレスっていない方がよくない?正直。 邪魔だしさ、プラスになんないしさ、臭いしさ、治安悪くなるしさ、いない方がいいじゃん」


また、人間は「社会にそぐわない人間を処刑して生きてきてる。犯罪者を殺すのだって同じ」などとも述べている。


発言に批判が殺到した12日夜、DaiGo氏は新たにライブ配信動画を公開。あくまで「個人の感想」であると繰り返した。



ライブでは「社会的に排除すべきと言っているわけではない」「制度自体を批判したいわけじゃない」などとした上で、「社会全体ではないが、個人としては命の優劣がある」「迷惑をかけてる人もいる」「究極の選択をしたら、いらない存在になる」と持論を繰り返した。


そのうえで、批判については、「残念ながら僕を叩いている人よりも、僕は彼らのことを保護してますよ」と、以下のように主張した。


「何でかって言うと、税金めちゃくちゃ払ってるから(…)こんな炎上に参加している人に聞きますけど、じゃあホームレスとか生活保護の人たちに寄付しました?たくさん税金払いました?その人たちのために炊き出しとか定期的にやったりしているんですか?そういう人は僕のことを叩けると思います」



「僕は個人的に思うので、そう言っただけなので、別に謝罪するべきことではないと思いますよ。みんなも言うでしょ?『あいつ死んだ方がいいのに』とか言うでしょ。同じよ」


また、「個人の意見なので扇動してるわけではない」「言っちゃいけないっていう法律ないですよ」「僕、危険思想持ってるんで真に受けないでくださいね」などともコメントしている。


支援者「言語道断」「間接的に死に追いやる」


こうした発言を、生活困窮者をサポートする支援者はどのように受け止めているのだろうか。長年、支援に携わる一般社団法人つくろい東京ファンドの稲葉剛さんは問題の発言は「言語道断」と批判する。



「インフルエンサーであるDaiGo氏によるこれらの差別発言は、人間のいのちの尊厳を誰もが尊重すべきであるという社会の前提を脅かすものであり、日本社会を危険に陥れるものです」


「ホームレスの人たちに対する社会の偏見は根強く、これまでも、路上生活者への差別偏見に基づく襲撃事件は繰り返されてきました。昨年も、3月には岐阜市で80代の男性が、11月には東京都渋谷区で60代の女性が襲撃により命を奪われています」


「『ホームレスの命はどうでもいい』という発言は、こうしたヘイトクライムを誘発しかねないものであり、絶対に許せません」


新型コロナウイルス感染症の感染拡大から1年4ヶ月以上が経過する中で、生活に困窮する人は増加し続けているが、生活保護の申請件数自体は微増に止まっている。その背景にあるのが、制度に関する根強い誤解やスティグマだ。


「私たち民間の支援者も、厚生労働省も『生活保護は権利なので、ためらわずに利用してほしい』という発信に力を入れているところです。発言は、こうした官民の努力を冒とくすると同時に、命をつなぐ制度から人々を遠ざけ、生活困窮者を間接的に死に追いやる効果を持つものであるといえます」


その上で稲葉さんは、この問題は生活保護利用者やホームレスの人だけでなく、すべての人の生存権と直結するものであると強調。発言に対し、「社会がどう反応するかが問われている」と問題提起した。


「今回は生活保護利用者とホームレスの人たちがターゲットにされていますが、他の人たちもいつ攻撃の的にされ、生存を否定されるかもしれません。このような発言を許容していると社会は壊れます。私たちは私たちの社会を守るため、DaiGo氏の一連の差別的発言を許さないという姿勢を社会全体で示すべきだと考えます」


すでにTwitterではメンタリストDaiGo氏のこの差別発言に影響され、「正論」「人間も不良品は殺されるべき」といった弱者への攻撃がみられます。


このような優生思想が広がるため、DaiGo氏の発言が批判されているのです。


「税金を多く払っている」、「ホームレスの保護活動をしている人だけ叩いて良い」は話のすり替えであり、批判されているのは単純にその発言の内容です。


なお、DaiGo氏は炎上しているライブ配信をすでに非公開化していますが、私のYahoo!ニュース個人記事にて書き起こしているため、実際にどのようなことを言ったのか確認したい方はチェックされてみてください。


憲法25条は「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と定め、この権利を具体的に保障するために生活保護法があります。


困ったときに生活保護を受けることは権利です。しかし、世の中には、生活保護を受けることに罪悪感を覚え、助けが必要なのに助けを求めることができずに、不幸にも亡くなってしまう人もいます。


今は元気に働けている人であっても、ある日突然健康を害し、周囲の助けが必要になることがあるように、誰でも自分のせいではなく、生活に困ることがあり得ます。そういうときに、みんなで助け合える社会にすることが大切です。


社会的影響力の大きな人が、生存権を軽んじる発信をすることで、生活保護に対して罪悪感を抱く人が増えたり、支え合うことを否定する風潮が助長されたりする危険があり、残念に思います。


残念なことに、既視感のある発言でした。この20年くらい、ネットで何度この手の言説や炎上劇を見てきたことでしょう。


今回もですが、彼の発言を肯定する人も現れるわけです。背景には、私たちの生活が安全でも安心でもなく、しかもそれがコロナで加速し。ホームレスや、生活保護を受けている人を見下す人も、いつかはこぼれ落ちるかもしれない、そんな中で私は頑張ってきたという想いがあるのではないでしょうか(彼やシンパを肯定、擁護をしているわけではないです)。


自己責任論が跋扈するわけですが、これは本来リスクをとって行動した者が自ら結果責任をさします。ただ、単なる責任転嫁になっていませんか。社会責任と切り分けて考えなくてはなりません。選択肢がない場合や、消去法」で選ばざるを得ない場合もあります。システムが硬直的、排他的であるがゆえに、参入できず、必然的に周縁化する場合も。


差別、暴力を許してはなりません。

DaiGo氏「ホームレスの命はどうでもいい」に批判殺到 …DaiGo氏に対し「黙れ」「発言を取り消せ」 DaiGo氏「ホームレスの命はどうでもいい」に批判殺到 …DaiGo氏に対し「黙れ」「発言を取り消せ」 Reviewed by RichKid on 8月 13, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.