SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

政府が帰省自粛訴えるなか…国会議員の“地元入り”報告に怒りの声!国会議員こそ守れるというのかccc

 国会議員こそ守れるというのか。コロナ禍で2度目のお盆となったが、昨年に引き続いて自粛ムードとなっている。むしろ第5波は昨年以上の勢い。日本政府からは帰省自粛が呼び掛けられている。



西村康稔経済再生担当相は帰省やそれに伴う会合を「絶対に避けていただきたい」と強調。昨年と違い、今夏は感染力の強いデルタ株がまん延中だ。さらなる自粛を政府が求めることは理解できなくもない。


九州が実家の関東に住む40代会社員は「親からも友達からも絶対に来るなと言われています。年末年始も帰れませんでした。次の年末は大丈夫かなというところですね」と帰省をあきらめている。



このように国民には帰省自粛をする人が多そうだが、問題なのは国会議員だ。今秋には衆院選が予定されており、すでに地元入りをツイッターで報告している国会議員は複数おり、案の定、批判が集まっている。


ある国会議員が地元入りを報告したツイートには「帰省を躊躇していた自分がバカみたい」「国民には自粛を迫る中このツイートはなんなんですか」と怒りの声が寄せられている。この時期に地元入りをつぶやいている議員は与党にも野党にもいて、やはりツイッターでは苦言を呈する声があった。



「まるで東京から地方にウイルスをまき散らしに行っているみたいですね。政府は帰省を控えるように言っているのに…」と前出男性も首をかしげる。


永田町関係者によると「国会議員は地元活動をしていないと選挙に落ちるんじゃないかと不安になってしまうんですよ」という。


「不要不急であるかは本人がしっかり判断すること」と言ったのは丸川珠代五輪相だが、その判断のツケを払うのは本人。お盆の地元入りが選挙のプラスになるとは限らないかもしれない。



こんな時期、与党も野党も関係ない。議員が率先して範を垂れるべき。なのにこのざま。あきれてものが言えないとはまさにこのこと。こんなことやってるから、議員削減を叫ぶ声がますます強くなりそう。


一方、2週間強化で東京の人出5割減を


政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は12日、緊急事態宣言発令でも感染拡大が止まらないことを受け、今後2週間、集中的に対策を強化し、東京都の人出を7月前半に比べて5割減らす必要があるなどとした提言案を示した。



分科会は持ち回りで開催。緊急事態宣言の対象地域では、買い物などの外出機会を半減させるとともに、感染リスクが高い場面への人の流れを減らす対策が必要だと指摘。百貨店の地下の食料品売り場やショッピングモールの人出を強力に抑えること、外出をなるべくせず、県境を越える移動を控えることを求めた。

政府が帰省自粛訴えるなか…国会議員の“地元入り”報告に怒りの声!国会議員こそ守れるというのかccc 政府が帰省自粛訴えるなか…国会議員の“地元入り”報告に怒りの声!国会議員こそ守れるというのかccc Reviewed by RichKid on 8月 12, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.