SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

愛知県常滑市「愛知県国際展示場」でフェス出演AK-69が謝罪も失望の声

 愛知県常滑市「愛知県国際展示場」で29日に開催されたヒップホップ野外フェス「NAMIMONOGATARI2021」で、新型コロナ感染対策が不十分だったことについて、出演したヒップホップアーティストのAK-69が30日、SNSで謝罪文を掲載した。



「主催者からは県のガイドラインに沿った万全な感染対策が成されているという話を聞き、出演させて頂きましたが、充分な対策が成されているとは言えない状況でありました」と、事前に確認していた状況と現場が違っていたことを説明。「HIP HOPシーンを牽引していく立場の人間として、自らは出演辞退、イベントの開催中止を主催者側へ提案すべきでした」と反省を示した。


ライブ前はツイッターで「さあ名古屋NAMIMONOGATARIでカマシあげにいくか。ライブの格の違いを魅せたるわ。」とライブへの意気込みを示していたが、すでに削除されている。



AK-69は、愛知出身でカリスマ的な人気を誇る。それだけにファンの失望も大きく、「とにかく悲しい」「ステージに上がればすぐに分かったんじゃないの」「こんな、感染症対策できてないフェスでライブ出来るか」ってかっこ良くブチギレて帰ってほしかった…」という声が上がっていた。


【以下、謝罪全文】


昨日8月29日(日)に愛知県常滑市にあるAICHI SKY EXPOにて開催された音楽フェス『NAMIMONOGATARI2021』への出演に関して、愛知県民の皆様をはじめ、国民の皆様に多大なご迷惑をおかけし申し訳ございません。



主催者からは県のガイドラインに沿った万全な感染対策が成されているという話を聞き、出演させて頂きましたが、充分な対策が成されているとは言えない状況でありました。


緊急事態宣言下での開催にあたり、来場されたお客様や出演者、スタッフの安全を考え、HIP HOPシーンを牽引していく立場の人間として、自らは出演辞退、イベントの開催中止を主催者側へ提案すべきでした。


改めて、この度は多大なるご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。



確かに。これはまずいダメだ…とアーティストが思ったのなら、その場で出演をキャンセル、演奏中止、ステージ暗転してでも、主催者に抗議するべきだったと思う。


ただでさえヒップホップのイメージはあまりよくないのに、更に悪くなってしまったね。まあ、イメージだけではなくて実際にそうだっていうのが裏付けられただけなのかもしれない。

愛知県常滑市「愛知県国際展示場」でフェス出演AK-69が謝罪も失望の声 愛知県常滑市「愛知県国際展示場」でフェス出演AK-69が謝罪も失望の声 Reviewed by RichKid on 8月 31, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.