SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

事故で5歳園児、保育園は出席確認せず…送迎バス内に9時間放置か

 福岡県中間市の私立双葉保育園の送迎バス内で29日、男児が倒れているのが見つかり、その後死亡が確認された事故で、園側がこの日、園児の出席確認をしていなかったことが捜査関係者への取材でわかった。死因は脱水症状などによる熱中症だったことも判明。男児は施錠されたバス車内に約9時間にわたって放置された可能性があり、県警は園関係者から事情を聞いている。



県警によると、死亡した男児は、同市土手ノ内3、倉掛冬生(とうま)ちゃん。女性園長(40歳代)は29日朝、バスを運転して冬生ちゃんを含む園児7人を迎えに行き、冬生ちゃんはバスの後部側の座席に座った。園には午前8時半頃に到着し、園長はバスを施錠。園長も、園児を誘導する職員も園児の降車確認はしなかったという。


同日夕頃、保育園からの帰りのバスに冬生ちゃんが乗っていないことに母親らが気づき、午後5時15分頃、同園駐車場に停車していた朝の迎えに使ったバスの前方の席で冬生ちゃんが発見された。車内には登園時に持つバッグが残されていた。司法解剖の結果、死亡したのは午後1時頃と推定されるという。



園長は調べに対し、「園児たちを朝、降ろした際に鍵をかけた。(冬生ちゃんがバスに)乗った認識はあった。その後、降りたものだと思っていたが、確認したわけではない」と説明しているという。


また、保育園の担任はこの日、冬生ちゃんがいないことに気付いていたという。欠席する際は、保護者からは園長に連絡することになっており、担任は園長に連絡があったと思い込み、確認はしなかったという。園職員はこの日、園児の出席確認や点呼を行っておらず、県警は日常的に出欠確認をしていなかったとみて運営実態を調べている。



「冬生を返して」母親おえつ


冬生ちゃんの母親と祖母は30日、報道陣の取材に応じ、かわいい盛りの我が子や孫を突然失った悲しみと怒りをあらわにした。


29日夕、母親は帰りの保育園からのバスを待っていた。冬生ちゃんが帰ってきたら、30日に水族館に行くために買ったお出かけ用の服を見せて喜ばせようとしていたという。しかし、バスに最愛の息子は乗っていなかった。母親は「なぜこんなことに……。暑い車内で冬生はどれだけ苦しかったのか。冬生を返して」とおえつを漏らした。



祖母によると、冬生ちゃんは今年3月、母親と祖母の3人で公園に桜を見に行っていた。祖母の手作りの唐揚げを「ばあば、おいしいよ」とほおばってくれたという。


バスに乗る前は「先生おはようございます」と元気にあいさつし、母親思いの優しい子だったという冬生ちゃん。祖母は「もう戻ってこない。(出席確認の)点呼をすれば防げたのではないか」と唇をかんだ。



この報道が事実であれば、バスを運転していた園長も、保育園で迎えた担任らも、この事件以前から降車や点呼、出欠の確認が杜撰だったということになります。


この点につき、園長らは保護者向けの説明会で、朝早く出勤できる職員が限られていて手が回らなかったことや、泣いている園児に気をとられて後部座席まで確認しなかったこと、保護者への連絡や職員間の情報共有が徹底されていなかったことなどを事故の経緯として説明している模様です。


ただ、こうした降ろし忘れ事故はこれまで各地の幼稚園・保育園で発生しており、命に別状がない事案であっても大きく報じられていますから、園長らも知っていたのではないでしょうか。


自分の保育園で起こるはずがないと油断していたのかもしれませんが、むしろ起こるべくして起きた悲劇と言わざるを得ません。不注意の程度や結果は重大であり、業務上過失致死罪による立件は避けがたいものと思われます。


大人のルール違反や大人の怠慢で、児童や幼児の大切な命が失われる事故が最近は多発しています。千葉県八街市では飲酒運転で大切な児童の命が失われました。今回は、保育園側の明らかな怠慢で大切な園児の命が失われました。


私を含め大人は、なぜこのような事故が多発しているか考えましょう。企業も個人も、基本的な安全対策を見直すべきです。


子供は未来です。大人が守らなければ、誰も大切な命を守ることができません。

事故で5歳園児、保育園は出席確認せず…送迎バス内に9時間放置か 事故で5歳園児、保育園は出席確認せず…送迎バス内に9時間放置か Reviewed by RichKid on 8月 01, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.