SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「五輪初泣き」岡本は4位で涙…ここまでの大会ベストシーンok

 東京五輪の新競技、スケートボード・女子パーク決勝が4日に行われ、19歳四十住(よそずみ)さくらが金メダル、12歳の開心那(ひらき・ここな)が銀メダルを獲得した。15歳の岡本碧優(みすぐ)は惜しくも4位。演技後、他の選手たちが岡本のもとへと近寄り、担ぎあげて健闘を称える場面があった。目の当たりにしたSNS上の視聴者からは「涙腺崩壊した」「オリンピック初泣き」などと反響が寄せられている。



五輪公式インスタグラムやツイッターでは決勝の写真をアップしており、その中の1枚は岡本と他国選手の友情ショット。岡本は大技「540」を成功させるも、最後のトリックをした着地で失敗し、涙を見せて落胆した。しかし、他国の選手たちが駆け寄り、失意の岡本を励まして笑顔に変え、さらに担ぎ上げてパフォーマンスをたたえている。


「五輪で初開催された女子パークスケートボードでは、優れた運動能力と技術が披露されたが、何よりも五輪精神が存分に発揮された」と記した一方、「お互いのサポートを一瞬たりともやめなかった。それが、お互いの応援という意味であれ、お互いを追い込むという意味であれ、お互いを(比喩的にも文字通りにも)持ち上げるという意味であれ」と、選手たちがお互いに切磋琢磨し、励まし、健闘をたたえ合う美しい姿を届けた。



若き選手たちが、感動的な場面を作り出した。最後の演技に臨んだ岡本。メダルを狙い、果敢に挑んだが、最後は転倒。あと一歩届かなかった。悔し涙を見せていた岡本を、笑顔にしたのはライバルたちだった。


壁を上がってきた15歳に、各選手が続々と近寄って抱擁。そして、ポピー・オルセン(オーストラリア)とブライス・ウェットスタイン(米国)の2人が岡本を担ぎ、肩に乗せて演技を称賛したのだった。これに岡本は泣きながらも笑顔。ガッツポーズも見せていた。


映像を見たツイッター上の日本人ユーザーからは「こんなん泣くわ」「色んな国のライバル達から担がれてる」「オリンピック初泣きした」「最後担がれてる姿で涙腺崩壊した」「何回も見ても泣くな……」「1番グッとさせてもらいました」などと感動した様子の投稿が続出していた。



各国のファンから「素晴らしいスポーツマンシップ」「美しい友情だ」「お互いへの思いにあふれている」「人類の理想だ」などの喝采が送られている。


岡本の”ゴン攻め”が生んだ、ここまでの大会ベストシーン


最終試技者となった岡本は、四十住に先駆けて大技「バックサイド540」を成功させ、このトリックを武器に世界を圧倒してきた金メダル候補だった。


直前のライドで宮崎生まれの英国代表、13歳のスカイ・ブラウンが56.47をたたき出し3位に浮上。メダル圏内から外れた岡本は、3本目に逆転を懸けることになった。



いきなり540を決め、高いエア、スムーズなライディングで中盤も勢いに乗り、2回目の540にも果敢に挑み成功させる“ゴン攻め”を見せた岡本は、ラストにさらなる高得点を狙って空中でボードを1回転させる「フリップインディ」に挑戦した。結果からすれば、このトリックで着地に失敗した岡本は4位のままで競技終了。


それまでの出来から考えれば、「フリップインディ」よりも難度の低いトリックを無難にメイクすれば銅メダルの可能性は十分にあった。


他の競技なら、本人の選択や、コーチなどを含めた作戦の是非を問われる場面だが、コースから戻ってきた岡本を待っていたのは、すでに演技を終えたライバルたちの「セレブレーション」だった。銅メダルを逃した。しかし、攻めた姿勢、この日すでに失敗していたトリックを「乗りにいった」岡本へのねぎらいとリスペクト。



このシーンに心を動かされた人は多いと思うが、これこそが本来のオリンピズムであり、「多様性と調和」を掲げた東京大会が社会に向けて発信できるポジティブなメッセージそのものだったのではないか。


さまざまな「違い」にとらわれず、それぞれの個を尊重し、認め合い、お互いのいいところを生かしてともに成長する。ダイバーシティ&インクルージョンのお手本のようなスケートボードの環境が、10代の選手たちが伸び伸びと持てる力を発揮し、素晴らしい結果を残した最大の理由なのかもしれない。

「五輪初泣き」岡本は4位で涙…ここまでの大会ベストシーンok 「五輪初泣き」岡本は4位で涙…ここまでの大会ベストシーンok Reviewed by RichKid on 8月 05, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.