SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

全中国を泣かせた14歳少女が金メダル 実家は大混乱…「お母さんが病気なので、母の治療費稼ぎたい」

 東京五輪女子高飛び込みを14歳で制し、一躍時の人となった中国の天才少女・全紅嬋の実家が大混乱となっている。



史上2番目の若さで、大会が1年延期になっていなかったら出場できなかった新星。優勝インタビューで「お母さんが病気なので、お金を稼いで治療費にあてたい」と話すけなげな14歳に、中国国民が心を打たれた。


「新京報」など中国各メディアによると、国家やスポンサーからの報奨金以外にも、地元広東省の企業やお金持ちが激励金や家を贈りたいと申し出た。また、片田舎にある果物農家の実家は観光地と化し、押しかけた群衆に取り囲まれる状態に。全紅嬋が食べたいと語ったスパイシーなお菓子が贈られ、実況中継を始める者も出てきたという。



予想外の事態に全の父が「私は娘の栄誉を消費したくない。金は自分の農業で稼ぎます」と、降って湧いた激励金や家、お菓子を拒否。「静かに暮らさせてほしい」と、沈静化を訴えている。


中国全国民の注目の的となってしまった全紅嬋。3年後のパリ五輪でどんな活躍を見せるか。


この子もいい子供ですが、父親も良い人だね。ただ、母親の治療費位は堂々ともらって欲しい。


一方、中国体操熱血パパに笑撃、金メダルの娘に演技中取った行動「私なら恥ずかしい」



東京五輪の体操・女子種目別平均台は3日、中国の管晨辰(カン・シンシン)が14.633点を獲得し、金メダルとなった。中国では、テレビ観戦していた父の姿が話題となっている。まるで一緒に体を動かしているような熱血応援。着地が決まり、喜びを爆発させた実際の映像がSNS上に公開されると「このスピリット最高」「お母さんが静かにしてほしそうにしている」などと反響が集まっている。


熱血お父さんが話題だ。管晨辰の決勝の演技を、関係者とともにテレビで見つめている。技が決まるたび、まるで娘に動きを合わせるかのように腕を動かし、「ホー!」と声を上げて跳ねている。隣にいた女性は「落ち着いて……」と言わんばかりに体を抑えているがお構いなし。最後の着地が見事に決まると、両手を上げ、女性と抱き合って喜んだ。



実際の映像を中国国営英語版テレビ局「CGTN」のシェン・シーウェイ記者がツイッターに公開。「このエキサイティングなお父さんが大好きだ。管晨辰の勝利を彼女の両親は見ていた」と投稿の文面で伝えた。


ツイッター上の海外ユーザーからは「両親だけがその苦悩を知っているからね」「ラブリーだ」「娘の金は父親の誇りだ」「このスピリット最高」「彼女としては『落ち着いて』だろうね」「私だったら恥ずかしい(笑)」「お母さんが静かにしてほしそうにしている」などと反響が寄せられていた。

全中国を泣かせた14歳少女が金メダル 実家は大混乱…「お母さんが病気なので、母の治療費稼ぎたい」 全中国を泣かせた14歳少女が金メダル 実家は大混乱…「お母さんが病気なので、母の治療費稼ぎたい」 Reviewed by RichKid on 8月 11, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.