SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

東京五輪男子マラソンの「給水妨害疑惑問題」…意図的妨害行為!10本以上のミネラルウォーターがこぼれた

 東京五輪の男子マラソンで17位だったフランス代表モルア・アンドゥニ(33)が給水ポイントでミネラルウォーターのペットボトルをなぎ倒した行為が世界に大きな波紋を広げている。海外メディアが次々と報道。偶然のアクシデントか、それともスポーツマンシップに欠ける妨害行為かを巡って海外のSNS上で激しい議論が起こり、アンドゥニも自らのフェイスブックを通じて釈明、メディアを通じて謝罪もしたが“炎上騒ぎ”は収束していない。



問題の“事件”は東京五輪最終日の8日、札幌で開催された男子マラソンの30キロ手前の給水ポイントで起こった。先頭集団にいたアンドゥニは、給水テーブルに並べられた10本以上のミネラルウォーターのペットボトルを端からすべてなぎ倒し、最後の1本をつかんだ。この様子の動画がSNSで投稿され、「他のランナーの給水を妨害しているのではないか」という疑いを持たれ、批判の声が相次いだ。豪州の長距離ランナーのベン・セントローレンス氏も「アンドゥニが最後の1本を取る前に水の列を全部倒してしまっていると思う」とツイート。“意図的妨害行為”という認識を示すと、丸1日のうちに5000回以上リツイートされ、2万3000回以上の「いいね」がついて世界中に拡散した。


海外メディアも次々と報道した。自国のフィガロ紙が、「アンドゥニが給水の際にスポーツマンシップに反するような疑問の行動をした。動画では彼の行為は意図的に見える。アクシデントだと主張するのは難しい」と伝えると、米フォックスニュースも「フランスのマラソンランナーが、五輪の男子マラソンの後半に給水所に並んでいた水のボトルを倒したように見えたとしてネット上で非難を浴びている」と伝え、「ビデオでは、アンドゥニがランナーの集団に混じって給水所に近づいていく様子が映っている。そして彼は水のボトルに手を伸ばし、ドミノ倒しのようにボトルの列をテーブルから落とし、最後の1本を手にして、後続のランナーに何も残さなかったようにも見える」と報じた。



ニューヨークポスト紙も「五輪の男子マラソンで、フランス人ランナーのアンドゥニが給水ステーションに並んでいた水のボトルを倒し最後の1本を自分のものにして波紋を呼んでいる」と伝え、豪州のメディアを引用して豪州の複数の元選手たちの感想を取り上げた。


走り幅跳びの豪州代表としてオリンピック出場経験のあるデイブ・カルバート氏は、豪州のセブン・ニュースで、「あれが意図的に行われたものかどうかは、観客に判断してもらうことになるだろう」とコメント。短中距離選手だったタムシン・マノウ氏は、テレビの放送で「あの飲み物を手にするのはかなり大変だと思う。 でも彼の後ろにいるアスリートにとっては、全く助けになっていない」と語ったという。同紙はレースが気温29度の酷暑の中で行われたことを紹介し、「他の選手にとって幸いだったのは、すぐ先に別の給水所があったことだ」と、この妨害行為で実質的な被害はなかったとの認識を示した。



世界中のSNS上で動画と共に多くの意見が殺到し大炎上騒ぎになった。


陸上専門メディアである「ランナーズワールド」は、SNS上の反応を取り上げた。


「今までの五輪で見たこともないような最低の行為だ」と非難する声がほとんどだが、擁護する意見も紹介されている。


「これはアクシデントであり、暑い中でのマラソンで、この段階では方向感覚を失っていたに違いない」、「彼はテーブルの横にはいなくて、スピードを出しながら体を曲げたり伸ばしたりしなければならない。他のランナーに挟まれている。暑さと湿気で絶対に疲れているに違いない。これはアクシデントだろう」



ただ、この擁護意見は少数派。意図的な非スポーツマン行為だと捉えている人が多いことから、ついにアンドゥニ自身がフェイスブックに問題シーンの動画を載せた上で釈明した。


「動画によって生まれたすべての不毛な論争に終止符を打つために」としたアンドゥニは「冷たさを保つためにボトルを水に浸している。そのため(ボトルは)滑りやすくなっている。私が列の最初からそれを取ろうとしたが、すぐにすべてが滑ってしまった」


英国のデイリースター紙などが、フランス語で書かれた本人の言葉を英文に翻訳して伝えた。デイリースター紙によると、アンドゥニは、「疲れもあって、だんだんと明晰さや気力が失われていた。アスリートたちに謝りたい。私は水の入ったボトルを取ろうとしてつかめなかっただけだ」と謝罪したという。



この釈明後も、SNS上の炎上は収まらず批判の投稿が続いている。


「滑りやすいというのは彼の性格を指しているのか」


「最後の1本をつかむまでは、全くつかもうとしていないじゃないか」


「なんという卑劣なことをしたのだろう。彼は一生、オリンピックから追放されるべきだ。彼は最後まで手のひらを閉じてつかもうとしていない。最後のボトルを上手に拾っているのに」


一方でSNSに投稿された動画の切り取り方に問題があると指摘するツイートもある。


「この動画があと5秒長ければ、すぐにテーブルの上にボトルが並べられているのを見ることができる。それを見れば誰も水を取り逃してはいないとわかるはずだ」。



このツイートの通りにテーブルの上に並べられたボトルは前列と後列の2列になっていた。ボトルがなぎ倒された後も、後列のボトルといくつかのボトルはテーブルに残されていた。


アンドゥニのすぐ後方にいた日本代表で6位に入賞した大迫傑(ナイキ)はうまく手を伸ばしてボトルを取っている。またニューヨークポスト紙が指摘しているように数メートル先にも給水テーブルがあり、そこでボトルを取っているランナーもいた。


実際には、他のランナーが水を取り逃がしたという被害はなかったようだ。また各自のスペシャルドリングが置かれた給水所でなかったことも幸いした。このフランス人ランナーが妨害するために水のボトルをなぎ倒したかどうかの真相は、闇の中だが、一方で、給水を取れなかった他国のランナーに水を分けるなどの、スポーツマンシップにあふれた友情シーンも見られたことから、対照的な行為としてバッシングを受けている。



今のところIOCや世界陸連が、この問題行為を調査、ペナルティを与えるような動きには発展していない。

東京五輪男子マラソンの「給水妨害疑惑問題」…意図的妨害行為!10本以上のミネラルウォーターがこぼれた 東京五輪男子マラソンの「給水妨害疑惑問題」…意図的妨害行為!10本以上のミネラルウォーターがこぼれた Reviewed by RichKid on 8月 10, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.