SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

野球評論家の大島康徳さん死去…はがんが肺にも転移yas

 プロ野球の中日で活躍し、日本ハムの監督も務めた野球評論家の大島康徳さんが6月30日に大腸がんのため死去したことが、5日分かった。70歳だった。葬儀は親族らによる密葬で4日に行われた。近年は「ステージ4」の大腸がんや肝臓などへの転移を告白し、治療を受けながら野球評論家としての活動を続けていた。深く哀悼の意を表します。ご冥福をお祈りします。



大島さんは大分・中津工から1969年にドラフト3位で中日に入団。88年には日本ハムに移籍し、44歳まで現役を続けた。26年間で通算2204安打、382本塁打を記録。引退後は2000~02年には日本ハムで監督を務め、東京中日スポーツ、NHKで野球評論家としても活躍した。


大分弁で「負けてたまるか!」を意味する「負くっか」の思いを貫徹した人生だった。長打力を見込まれ、プロ入りと同時に野手に転向。不器用を努力で克服し、安定感はなくてもガムシャラなプレースタイルでファンに愛された。



大島さんは自身の現役生活を「私には記録という記録はない。中途半端な人間だと思う」と振り返る。それでも、83年に36本塁打で初の本塁打王を獲得したほか、代打としても勝負強さを発揮した。日本ハム移籍3年目の90年には当時最年長の39歳10カ月で通算2000安打を達成。2006年には第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の打撃コーチとして世界一に貢献した。


2016年10月に大腸がんと肝臓への転移の診断を受け、「余命1年」を宣告された。その後も自らを「不真面目ながん患者」と表現し、治療を受けながら以前と変わらない生活を心掛けた。「1人ではがんと闘えない。社会とつながっていないと立ち向かっていけない」と、野球評論家としての活動も続けた。



今年6月にはがんが肺にも転移していることを自身のブログで告白していた。


大島さんはご自身の治療や日常をブログで積極的に発信しておられ、たくさんの人に励ましや勇気、気づきを与えておられたと思います。ニュースになることも多く、私自身も共感することが多かったです。お亡くなりになる前日のブログにも「私にとってのいいお医者さんは 患者がどう生きたいのか? その為にはどういう治療が いいのか?を 一緒に考えてくれるお医者さん」とあり、まさにその通りだと思いました。 余命宣告の長さはしばしば当てはまりません。特に長期的な予測は正確性が高くないことが知られています。転移があっても長期に生存される方も増えてきています。1年の宣告から4年8か月、奥様が更新された最後のブログのタイトル「この命を生ききる」をまさしく実践されたと感じました。



▼大島康徳(おおしま・やすのり) 1950(昭和25)年10月16日生まれ、大分県中津市出身。中津工ではエースで4番。69年にドラフト3位で中日入団。74年と82年のリーグ優勝に貢献。88年に日本ハム移籍。一塁手、三塁手、外野手を兼務しながら通算2638試合出場で2204安打、382本塁打。引退後は東京中日スポーツ、NHKで野球評論家として活動。2000~02年は日本ハム監督、06年の第1回WBC日本代表では打撃コーチを務めた。

野球評論家の大島康徳さん死去…はがんが肺にも転移yas 野球評論家の大島康徳さん死去…はがんが肺にも転移yas Reviewed by RichKid on 7月 05, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.