SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国紙が明暗分かれた久保建英vsイ・ガンインを比較 …日本の至宝、韓国の至宝

 東京五輪初戦で明暗が分かれたU-24日本代表MF久保建英(レアル・マドリー)とU-24韓国代表MFイ・ガンイン(バレンシア)の2人を、韓国メディアが比較している。



 日本の至宝、韓国の至宝として注目されてきた2001年生まれの2人はライバルとして比べられる機会が多いが、今大会でもその構図が強調されているようだ。


韓国は東京五輪初戦でニュージーランドに0-1で敗れる不覚。痛恨の黒星発進は韓国で「衝撃の敗戦」とも報じられている。イ・ガンインは得点に絡めないまま後半14分に途中交代した一方で、久保は南アフリカ戦で値千金の決勝ゴール。今大会の日本チーム1号を挙げ、1-0の白星発進に大きく貢献した。



 韓国『朝鮮日報』は「日韓サッカー天才のショーケース、久保が一歩リードした」と見出しを打ち、「久保の『一発』が勝負を分けた」と伝えた。記事では2人について、「イ・ガンインと久保建英は共通点が多い。2001年生まれの同い年、173cmも同じで、利き足は左。サッカーをしているのも同じスペインだ」との指摘も。久保が大きな一歩を踏み出したことを認めたうえで、「韓国サッカーの未来と呼ばれるイ・ガンインは覆すことができるのか。まだ彼には、少なくとも2試合が残っている」と伝えた。

 韓国『中央日報』は 「同い年の2人は成長過程も似ていてよく比較されてきた。クラブでも代表でも対戦したことがある」としたうえで、「グラウンドで会ったら挨拶を交わす間柄だ」と指摘。「イ・ガンインVS久保」と題して、2人の経歴やプレースタイルなどを徹底比較している。




22日に行われた東京オリンピックのサッカー男子1次リーグ、日本―南アフリカ戦で、決勝ゴールを決めた久保建英がテレビカメラに示したパフォーマンスが話題になっている。アルファベットの「K」にも見えるポーズの意味とは。


久保建は0―0で迎えた後半26分、ペナルティーエリア右でボールを受けると、内に切り込んで左足で値千金のゴールを決めた。話題になったパフォーマンスはその直後。雄たけびを上げながらベンチ前に駆け寄り、テレビカメラに向かって両手で「K」のようなハンドサインを作ったのだ。



ゴール後、ツイッターで「Kって何?」「久保のイニシャル?」などの投稿が続き、話題に。スペイン1部・カディスの日本公式アカウントも「(もしもし?久保くん?お疲れ様やでほんまハンパなかったわあのゴール。ほんであのパフォーマンスってKやんな?いやー、、ほんま言いにくいんやけど、カディスはKやなくてC、、え?関係ない?あー、、関係ないのKやな。な?とにかくほんまおめでとう!次も頑張ってな!)=原文のまま」と投稿した。


サッカーのゴールパフォーマンスと言えば、日本では元日本代表FW三浦知良の「カズダンス」が有名。日本代表DF長友佑都はインテル・ミラノ(イタリア)時代にピッチ上でお辞儀をするパフォーマンスで、現地ファンの心をつかんだ。



久保建は、昨年7月にもこの「K」ポーズを披露している。スペイン・マジョルカでプレーしていた際、レバンテ戦でゴールを決めた後に「K」のポーズを作った。これに反応したのが、J1横浜F・マリノス時代の同僚、山田康太(22、現J2モンテディオ山形)だ。7月10日が誕生日だった山田は、ツイッターで「朝起きたらたけ(久保建の愛称)から康太のKやったよ!って連絡来てた=原文のまま」と明かした。山田は2018年のアジア・サッカー連盟(AFC)U19(19歳以下)選手権の日本代表でも久保建とチームメートで、仲の良い友達だった。


久保建は今年6月12日の国際親善試合ジャマイカ戦でもゴール後に「K」ポーズを披露。その時は「友達のイニシャルです」とだけ語っていたが、実はこの時は自分に向けて「K」を作ったため、画面では反対向きに映ってしまった。久保建が五輪の大舞台で「やり直し」をした可能性もあるが、真相を知るのは本人のみ。とはいえ、久保建の注目度の高さがうかがえるパフォーマンスだった。

韓国紙が明暗分かれた久保建英vsイ・ガンインを比較 …日本の至宝、韓国の至宝 韓国紙が明暗分かれた久保建英vsイ・ガンインを比較 …日本の至宝、韓国の至宝 Reviewed by RichKid on 7月 24, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.