SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

水谷隼・伊藤美誠が最強中国のペア撃破!中国ペア 自国メディアに責められうなだれるtq

 第2シードの水谷隼、伊藤美誠の「じゅんみまペア」が第1シードの許昕、劉詩雯組(中国)と対戦。同じ静岡県磐田市出身で、幼なじみの2人が卓球王国のライバルを倒し、日本卓球悲願の金メダルを獲得した。



ゲームカウント4-3で中国ペアを下し、日本卓球界史上初の五輪金メダルを獲得した。


五輪で中国勢が敗れたのは、2004年男子シングルス決勝以来。女子がタイトルを逃すとなると、初開催となった1988年ソウル五輪ダブルスまでさかのぼる。これまで、ことごとく跳ね返されてきたが「楽しい卓球」を貫き通した2人が悲願を達成。リオ五輪で男子初のメダルを獲得した水谷と、卓球界の最年少記録を次々と塗り替えた伊藤の2人が、また卓球史に燦然と輝くメダルを勝ち取った。


水谷「中国という国に、今まで本当にたくさん、五輪、世界で負けてきて、東京五輪で今まで全てのリベンジできた。本当にうれしい」



伊藤「すんごくうれしいです。みなさんの、日本代表選手の、スタッフの応援とか、本当にすごくたくさんの応援してもらって、あきらめないで戦えて、最後まで楽しかったです」


一方で「じゅんみまペア」に激戦の末に負けた中国人ペアは、試合後の会見でも終始うつむきがちで悲壮感をにじませていた。



中国メディアから「大勢の国民が応援していたのになぜ勝てなかったのか、何が起きたのか信じられなかった」などと質問が飛び交うと、劉詩雯は「この結果について受け入れるのがとてもつらい。とても申し訳なく思う。全力を出し切れなかった」とうなずいた。


左のペンホルダー、許昕も「期待してくれたのはよく分かっている。競技においては決勝が全てで、その前にどうプレーしたかは関係ない。一番高いところに立った人だけが人々の記憶に残る。中国チームにとってもこの結果は受け入れられない」と語った。また男子でも取るのが難しい自身の強打に、女子の伊藤が対応したことには「彼女は大胆で勇敢だった。男子選手に立ち向かう勇気があった」と称賛した。


卓球王国に焦り? 中国メディアが試合会場でマナー違反の “応援先導”



混合ダブルス決勝で、記者席をザワつかせる一幕があった。それは水谷隼、伊藤美誠組が中国ペアを相手に3―2でリードして迎えた第6ゲームでのことだった。


中国の劣勢に焦りを感じたのか、現地メディア関係者と思われる男性が、記者に割り当てられたスペースの最前列から大声でエールを送り始めたのだ。おそらく中国語で「頑張れ」と言っていたものと思われる。そんな男性の声援に続くように、中国選手団が陣取った席からは声援が聞こえてきた。


コロナ禍対策として無観客開催になったにもかかわらず、明らかなマナー違反。これに周囲は「おいおい、いいのか?」「あれはちょっとダメだろ」などと困惑気味だ。あるメディア関係者が現場担当の組織委関係者に注意するように求めたが、権限がないのか受け入れられなかった。


その後、同ゲームを中国ペアが奪って3―3のタイに持ち込むと男性を中心に選手団、他の中国メディア関係者と思われる人まで一気にボルテージが上がったが…。結局、大騒ぎの男性は別のメディア関係者から注意を受け、サイレントモードに。中国ペアも敗れ、肩を落としていた。


一方で、月曜日にエンジンがかからなかったのがスポーツ大国・中国だ。全国紙『新浪体育』は「盤石だと見られていた3つの競技がことごとく銀メダルに終わった。まさに屈辱的な一日だ」と嘆いた。


まずは男子シンクロ高飛び込みで世界王者の陳艾森/曹縁組が英国コンビの後塵を拝し、こちらも優勝候補筆頭だった女子重量挙げ55キロ級の廖秋雲も僅差で金メダルを逃した。そして極めつけが、卓球・混合ダブルスの世界最強ペアである許昕/劉詩雯組の決勝敗退だ。日本の水谷隼/伊藤美誠組との歴史的な激闘で競り負け、まさかの銀メダルに終わったのである。


同紙は「中国代表チームがオリンピックでひとつも金メダルを獲れない日があるとは……。信じられない状況であり、東京でなにかおかしなことが起こっている」と記した。一方で日本卓球界初の金メダル奪取には「水谷/伊藤組のプレーは素晴らしかった。勝者に値する内容である」と称えつつ、「ただ、今後は(日本勢に)簡単には行かせない」とプライドを垣間見せた。

 

中国の総メダル数は18個で出場国トップだが、やはり金メダルで1位にならないと気が済まないお国柄のようだ。大会4日目終了時点で6個。ここから、東洋の獅子の猛烈な巻き返しがはじまる。

水谷隼・伊藤美誠が最強中国のペア撃破!中国ペア 自国メディアに責められうなだれるtq 水谷隼・伊藤美誠が最強中国のペア撃破!中国ペア 自国メディアに責められうなだれるtq Reviewed by RichKid on 7月 27, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.