SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

東京に緊急事態宣言発令…八代英輝弁護士は「今年の夏は終わりましたね」…古市憲寿氏、『馬鹿なのかな』t

 政府は、新型コロナウイルスの感染状況が拡大する東京に対し、「緊急事態宣言」を再び発出する方針を固めた。期限は来月22日まで。これで4回目となる。



当初、「まん延防止等重点措置」を延長する方向で調整していたが、東京の感染状況を受け、対策を強化する方針に切り替えた。


23日に開会式が行われる東京五輪は、原則無観客で行われる公算が大きくなった。


政府は現在、10都道府県に対し11日を期限として重点措置を適用している。千葉、神奈川、埼玉の首都圏3県については重点措置の期限を延長し、残りの6道府県については解除する方向で検討している。緊急事態宣言が発令されている沖縄県については、重点措置に移行する方向で調整している。



二階幹事長と菅首相との7日の会談では、二階氏が「政局はすべてワクチン」と言い切るほどまでに、ワクチン普及に焦りが見えてきました。コロナワクチンの普及が政局のみならず総裁選や総選挙の結果に直結するという判断でしょう。ただし、既に緊急事態宣言と蔓延防止の繰り返しで経済は相当疲弊しており、内閣や与党の支持率は低水準のままです。衆院総選挙も、ワクチン普及を最優先にすることで、当初想定より遅れることがほぼ確定です。


東京都議会議員選挙が終わったばかりでの「緊急事態宣言」発令ということで、都議選前になぜ判断できなかったのかという指摘も出てくることでしょう。東京五輪開催直前の緊急事態宣言発令となる見込みですが、宣言発出から効果が出るまではタイムラグがあり、即座に感染拡大が抑えられるかどうか、五輪前に感染減少傾向とできるかに注目です。



古市憲寿氏、東京に緊急事態宣言報道に私見「『馬鹿なのかな』という感想しかない」


社会学者の古市憲寿氏が7日、自身のツイッターを更新。


古市氏は「本当に東京に緊急事態宣言を出すのなら『馬鹿なのかな』という感想しかない」と見解を示し、その上で「ウィズコロナ派からは『病床使用率を見ろ(医療体制を改善せよ)』『前回の検証は済んだのか』と反論されるだろうし、ゼロコロナ派からは『だったらオリンピックも止めろ』と反感を買うだろう」とツイートした。



八代英輝弁護士 もしも緊急事態宣言再発出なら「今年の夏は終わりましたね」


八代弁護士は「もともと、緊急事態宣言下でオリンピックの方が人流の抑止でいいんじゃないかと考えたこともありましたが」と切り出すと「おそらく緊急事態宣言が来月11日まで(となったら)その後、まん延防止が2週間…」と今後のスケジュールを想像。8月11日からの2週間後は8月25日であることから「今年の夏は終わりましたね」とがっかりな表情を浮かべた。



恵俊彰も「ほぼ東京、ずっと何かが出てます」と緊急事態宣言かまん防以外の時はほとんどないと指摘。日本医科大特任教授の北村義浩氏も今夏は「オリンピック、四連休、お盆に夏休みと人が動くことしかあり得ない」と言い「この時期、東京から出たり入ったりを抑えないと、地方に広がる危機感がある」と付け加えていた。


前回の緊急事態宣言で、国民に対して緊急度が伝わってないことは重々わかっているはずで、今更発出したとて大きな効果は無く失政を責められるだけではないか。ワクチンの普及が進む今、大事なことは感染者数ではなく重症度、病床使用率である点のプロパガンダではなかろうか。と特措法の建て付けが感染予防のみならず経済とのバランスで立法されている点や、オリンピック開催を国民に理解してもらう点からも思う。



7月11日から8月22日までの期間、東京に緊急事態宣言を発令した、飲食店の時短営業、酒類提供停止などにより発生する経済損失額は9066億円に上ると試算される。ただ、これほど頻繁に緊急事態事宣言の発令・解除を繰り返せば、「宣言慣れ」や「自粛疲れ」が強く現れて、短期間で感染を封じ込めるのは難しくなるだろう。なによりも多くの国民には「国民生活の犠牲のうえに五輪が強行開催される」という基底意識があるので、五輪を中止にでもしなければ、お願いベースの緊急事態宣言に大きな効果は期待できないのではないか。ワクチン接種率も五輪開催国とは思えないほど低い水準にとどまり、「安心安全」とは程遠い状況での五輪大会になりそうだ。


オリンピックを意識したのは当然のこと。五輪開催はあくまでも政府ではなく、東京都であることを考えれば、小池都知事の五輪成功に向けて並々ならぬ決意の現れと言えるでしょう。


本日の毎日新聞の報道によれば、オリンピックは無観客で行われることが濃厚とのこと。都民ファーストは先の都議選で、五輪の無観客開催を公約に掲げていました。


無観客であっても、大多数の国民的は五輪をテレビ観戦する訳ですから、これで盛り上がれば、小池都知事の株は上がることは想像に難くありません。知事の強かさを垣間見た感じがしました。

東京に緊急事態宣言発令…八代英輝弁護士は「今年の夏は終わりましたね」…古市憲寿氏、『馬鹿なのかな』t 東京に緊急事態宣言発令…八代英輝弁護士は「今年の夏は終わりましたね」…古市憲寿氏、『馬鹿なのかな』t Reviewed by RichKid on 7月 07, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.