SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

大坂なおみと米ジャーナリストが「水着撮影」めぐり大バトル! 坂なおみSNSで猛反論

 うつに悩まされてきたと告白した女子テニスで世界ランク2位の大坂なおみの最近の活動について、米有名ジャーナリストらがSNS上で猛批判。大坂が反論後ブロックし、大騒ぎになっている。



発端はコメンテーターのクレイ・トラヴィスがツイッターで「内向的すぎて試合後にメディアと話せないと言っているけど、大坂なおみはリアリティー番組やバービー人形を立ち上げ、今後はスポーツ・イラストレイテット スイムスーツ(水着)表紙を飾っている」と批判。有名ジャーナリストのメーガン・ケリーが「ヴォーグ・ジャパンとタイムも忘れずにね!」と乗っかった。


これに大坂本人が反応。ケリーに「あなたはジャーナリストなので、雑誌を作るのにかかる時間を調べると思った。もし調べていたらすべて去年撮影したものだとわかったと思う。でもあなたはすぐに反応し、ここでネガティブをまき散らした。もっと良いことをしてください、メーガン」と反論。すぐにメーガンをブロックした。現在、大坂のツイートは削除されている。



メーガンは「あわれな大坂なおみは私に攻撃した後、ブロックしました(彼女がタフなのはコートでだけなのね)。記者会見に臨むことが不安だと公表する前に表紙を撮影したと言っている。でも真実は、彼女が制御できない質問が好きではないということ。それを認めなさい」とやり返した。


このツイッター上のバトルはどんどん広がり、ケリーには「あわれという言葉はあなたにふさわしい」「なおみ頑張れ」など批判が殺到。テニスの元女王マルチナ・ナブラチロワさんも「嫌な人だ、メーガン。自分が何を言っているのかわかってない」と非難した。



一方で、大坂を攻撃してきた英国の元人気司会者ピアース・モーガンも参戦。「私もブロックされた。大坂さんが容認したい唯一のメディアは、彼女がどれほど完璧であるかを彼女に伝える雑誌編集者だけ」とツイートしている。


米「ニューヨーク・ポスト」などでも報じられているこのバトル。東京五輪金メダルを目標に、臨戦態勢の大坂にとって、面倒な問題発生だ。


大坂なおみSNSで猛反論



女子世界2位の大坂なおみは米誌スポーツ・イラストレイテッドの水着特集号で表紙デビューを果たした。


大坂の練習が、日増しに激しくなってきた。この日は、吉川真司女子代表コーチと実戦形式の練習。現役時代、全日本学生で4強入りした吉川コーチを振り回し、順当な仕上がり具合を見せている。練習後には、コート上で、中村トレーナーとしっかりとトレーニングも積んだ。


実は17日早朝に日本に到着し、その日の午後には、都内の屋外コートで練習を開始していた。土橋代表監督によると「すごく集中していていい状態」とのこと。時差や疲れも関係なく、悲願の五輪金メダルに向けまい進している。


ただ、周りは何かと騒々しい。スポイラ誌の水着特集の表紙に登場。光沢のある素材とメッシュを織り交ぜた黒の水着に巨大な貝殻のイヤリングをつけた。すると、著名な米国のコメンテーターから「内気でうつ状態なのに、水着姿は披露する」とSNSで突っ込まれた。それに悪乗りする女性記者まで現れた。


大坂は、日本時間夜中の午前3時に、自身のツイッターで反論。バトル状態になった。大坂は、女性記者をすぐにブロックした。24日のテニス競技開幕まで、残り数日。雑音をいかに封じて、練習に集中するかが大事になる。

大坂なおみと米ジャーナリストが「水着撮影」めぐり大バトル! 坂なおみSNSで猛反論 大坂なおみと米ジャーナリストが「水着撮影」めぐり大バトル! 坂なおみSNSで猛反論 Reviewed by RichKid on 7月 21, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.