SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

習近平氏「台湾統一は歴史的任務」…台湾独立を「粉砕する」qádf

 中国共産党は1日午前(日本時間同)、北京中心部の天安門広場で創立100年を記念する式典を開催した。





習近平党総書記(国家主席)は「台湾問題の解決と祖国の完全統一実現は党の歴史的任務だ」と演説し、台湾統一の実現に強い意欲を表明した。


習氏は2012年に最高指導者に就任。来秋の党大会で異例の3期目続投が確実視されており、台湾統一は長期政権の目標になるとみられている。習氏は「台湾独立のいかなるたくらみも断固粉砕しなくてはいけない」と述べた。


習氏は「中国共産党がなければ新中国はない。歴史と人民が党を選択した」と共産党による事実上の一党独裁を正当化した。さらに「中華民族の偉大な復興の実現は不可逆的な歴史的プロセスに入った」と語り、建国100年となる49年に向けて「強国」を実現する方針を重ねて訴えた。





習氏は広場正面にある天安門楼上で1時間以上演説。中国メディアによると、広場に集まった7万人以上の観衆に向かって、今年の目標としていた「小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的な達成」を実現したと宣言し、貧困問題を解決したと誇った。


習氏は「善意の批評は歓迎するが、教師面した説教は受け入れない」と主張。名指しはしなかったが、少数民族迫害などを問題視する米国などに反発した形だ。習氏は「中国人民は決して外国勢力の圧迫を許さず、奴隷にならない。そのような妄想をする者は必ず悲惨な目に遭うだろう」と強い口調で米国などによる対中包囲網の動きをけん制した。





一方、民主派への締め付けを強めている香港については、「国家安全維持の法制度を実行し、国家主権、安全、発展の利益を守る」と述べ、国家安全維持法(国安法)による統制強化の必要性を強調した。


式典は午前8時(日本時間同9時)から開始。楼上には習氏の隣に胡錦濤・前国家主席のほか最高指導部メンバーらが並んだが、江沢民・元国家主席の姿はなかった。


開会に先立ち広場上空では、最新鋭ステルス戦闘機「殲20」やヘリコプターが「100」「71(7月1日)」などの形で編隊飛行。米中対立が続く中、結党から100年を経て米国に迫る世界2位の実力を獲得したと内外に誇示した形だ。


びっくりしました。外出中にCCTVの実況を見てました。天安門上の幹部たちはそんなに楽しそうではなく、広場に集められていた党員も義務で参加したような冷めた表情でした。長い演説だったので、私も途中で目を落とし、買い物しながら流し聞きしてました。でもこの台湾の話をしたあたりで、群衆、たぶん共青団や少年先鋒隊の若い人たちが習近平に歓声をあげはじめたんです。彼ら、興奮のあまり立ち上がってました。習近平は、自分は若い中国人たちに支持されている、中国の未来は明るい、と自信を得てしまったのではないでしょうか。


歓声を上げろとかいうのは、台本にはなかったはずです。(もう彼らが立っていたのに、演説の後の“インターナショナル”演奏の際、「一同起立」という指示が出ていた。)文化大革命の時に、毛沢東が自分に忠実な10代の子供達を紅衛兵として動かし、他の指導者たちを追い落としたのを思い出し、寒気がしました。


習近平は中国共産党創立100周年記念式典の重要講話で、「台湾問題の解決と祖国の完全統一実現は党の歴史的任務だ」と発言したが、これは従来通りの表現である。台湾独立を「粉砕する」などの厳しい表現も従来通りであり、何よりも「一つの中国原則と『92年コンセンサス』を堅持し、祖国の平和統一プロセスを堅持しなければならない」という最重要部分も、従来通りである。習近平は、これまで「地が動き山が揺れる」とか、「一国二制度の台湾版」とか、「武力行使を決して放棄しない」とか、刺激的な表現を使う傾向にあったが、今回は全く脱線することはなかった。中国に武力統一する気はない。問題は「平和統一」の内実であり、(国民党政権を前提とする)「台湾当局との交渉による平和統一」が不可能であるという認識が強まっているため、「軍事的圧力により、犠牲者を出さずに屈服させる」という「中国的定義の平和統一」に変化していることだろう。

習近平氏「台湾統一は歴史的任務」…台湾独立を「粉砕する」qádf 習近平氏「台湾統一は歴史的任務」…台湾独立を「粉砕する」qádf Reviewed by RichKid on 7月 01, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.