SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

尾身会長が「行動制限だけに頼る時代、…」omi

 参院内閣委員会の閉会中審査が15日開かれ、政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長が東京都に4度目の緊急事態宣言が出ていることを踏まえ、「人々が緊急事態(宣言)に慣れ、飲食店も『もう限界だ』との声も聞こえる中で、人々の行動制限だけに頼るという時代はもう終わりつつある」との認識を示した。



立憲民主党の木戸口英司参院議員の質問に答えた。尾身氏は新型コロナの感染防止について、PCR検査の拡充や二酸化炭素モニターの設置、下水でウイルスを高濃度で検出する技術などを例に挙げて「日本には優れた科学技術がある」と説明。そのうえで「休業要請はもちろん大事だが、サイエンス・テクノロジー(への投資)は、それに比べるとずいぶん効率の良いお金の使い方だ」として、科学技術への投資を拡大して感染拡大の抑制を図るべきだという考えを示した。


ワクチンが高齢者を中心に普及し、重症化や死亡につながらなければ、感染者数の重要度は下がるので、飲食を中心とした行動制限は的外れになる(個々人の感染予防策継続は必須だが)。経営権や行動の自由という憲法上の人権制限がある行動制限は、厳しい違憲審査基準をクリアせねば許されないという事実を忘れてはいけない。



この尾身会長の発言は素直に評価したいと思います。一方で、この方針転換はもっと早くできたのではないかとも思います。ギリギリまでサービス産業に我慢をさせたことのは反省すべきでしょう。何ゆえここまで人流削減にこだわったのか、経済を後回しにした理由は何なのか、コストとベネフィットを計算していなかったのではないか、など検証が必要です。


どこ行っても老若男女ほとんどみんなマスクをつけている、お店等人と人が対面するところは透明シートで遮断したりしている。そういうこともあってか日本って世界的に見たら感染者数や死者数は少なくてよくやっている方なのに、そこからさらに経済を締め付けようとしてますからね。



何をしたいのかさっぱり分からない。そんな中で、景気が悪くなってもほとんど給料が悪くならない厚労省の方々がクラスター発生させたり、大阪府市職員が不適切会食を繰り返していた訳でしょう。


先日も国税庁が報道されてましたし。要請する側がその体たらくでは示しがつかないでしょ。正直者が馬鹿を見る緊急事態宣言なんて要らないんじゃないかな。

尾身会長が「行動制限だけに頼る時代、…」omi 尾身会長が「行動制限だけに頼る時代、…」omi Reviewed by RichKid on 7月 15, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.