SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

五輪選手村に新たな韓国の垂れ幕…日本ネットユーザーは「呆れ」no

 韓国選手団が東京オリンピック選手村に新たな「垂れ幕」を掲げた。



これより前に「反日横断幕」が問題視されて撤去に至ったが、次は「垂れ幕」を掲げたことで日本ネットユーザーは怒りを通り越して呆れている。


掲げられた垂れ幕は「虎の形をした朝鮮半島」の絵が描かれ、朝鮮出兵時に秀吉が加藤清正に命じた「虎狩り」を根に持っていることが表現されているとの見方がある。韓国の一部では「日本が朝鮮虎を絶滅させた」と言う人も多いことから、 それと関係があるとの指摘もされている。



さらには、「虎の形をした朝鮮半島」の東側には「竹島(韓国名:独島)」とも見える形が描かれており、「垂れ幕の中で、どさくさに紛れて”独島主張”もしている」と見る人もいる。


「虎の形をした朝鮮半島」の上には「虎が下りてくる」と韓国語で書いてある。朝鮮時代の伝統民俗芸能劇パンソリの「水宮歌」で亀が兎の肝を騙し取るために陸に上がり、兎を呼び間違え虎が下りてくる場面を描写する歌詞である。昨年には韓国バンドにより再解釈され、YouTubeで大ヒットした。



韓国選手団はこの「虎の垂れ幕」以前にも、「臣にはまだ5千万国民の応援と支持が残っています」とハングルで記された垂れ幕を掲げていた。豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に海戦で対峙し、「抗日の英雄」として知られる李舜臣将軍の言葉を連想させるメッセージとして、日本側から反発の声が殺到。国際オリンピック委員会(IOC)が「政治的な宣伝を禁じる五輪憲章第50条に違反する」と撤去を要請し、垂れ幕は撤去された。だが、新たな垂れ幕がすぐに掲げられた。韓国選手団の意図は何だろうか。


「以前の垂れ幕を撤去しましたが、韓国側はIOCの裁定に納得していないと思います。東京五輪・パラリンピックのホームページで竹島の表記に納得がいかず、強く批判したがIOCは問題ないという認識を示した。旭日旗に関しても戦犯旗として持ち込み禁止を求めているが、IOCは問題視していない。自分たちの主張が受け入れられないことに大きな不満を感じているのでしょう。今回の垂れ幕も日本やIOCの反応を探っているように感じます」(一般紙国際部の記者)


旭日旗に関して、韓国外務省は韓国の外務省は、「日本の帝国主義と軍国主義の象徴」と糾弾しているが、中国や他の東南アジアの国からは抗議の声は上がっていない。



日本で数百年前から国を象徴する伝統的な意匠として宣伝や製品にも使われていたことから、「政治的主張にならない」と主張。競技場への持ち込みに関して問題がないことを主張している。


大会関係者はこう話す。


「コロナ感染者の拡大が収束せず緊急事態宣言が都内で発出され、一部地域をのぞき無観客で開催されることが決まりました。賛否両論の意見がありますが、有観客で旭日旗が掲げられたら、韓国サイドは猛抗議して試合を放棄した可能性も考えられた。もちろん、日本も譲歩する必要はないですし、さらに対立が深まったかもしれません」


SNS、ネット上では韓国選手団の動きに不快感を露わにする声が多い。



「いったい何がしたいのか。嫌だったら来なければ良いだけ。こんなことをしても、こちらはなんとも思わない。わざわざオリンピックで自分たちの愚かさや民度の低さをアピールすることはないのでは」


「次の垂れ幕も用意していたのにも驚かされる。次から次と用意している、外から持ち込んだのではなく、自分たちで持ってきたのだろう、IOCはもっと厳重に対処してくれ。選手を激励するなら、見えないところに表示するだろう、外部に見えるようにするのは、政治的だろう」


五輪は「平和の祭典」と呼ばれるが、日韓両国が互いに神経をとがらす日々はしばらく続きそうだ。

五輪選手村に新たな韓国の垂れ幕…日本ネットユーザーは「呆れ」no 五輪選手村に新たな韓国の垂れ幕…日本ネットユーザーは「呆れ」no Reviewed by RichKid on 7月 20, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.