SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

ソフトメキシコ代表が五輪ユニフォームを「ゴミ箱廃棄」..連盟が激怒me

 「東京2020オリンピック」に出場したソフトボールのメキシコ代表チームがユニフォームを選手村のゴミ箱に捨てたとして物議を醸している。



現地の報道によると、東京五輪に参加しているボクシングのメキシコ代表選手がSNSを通じて、メキシコ代表ソフトボール選手が選手村のごみ箱にユニフォームを捨てたことを告発。メキシコ国内で批判の声が上がっているという。


メキシコオリンピック委員会のカルロス・パディージャ会長は29日(現地時間)、メキシコ媒体Milenioとのインタビューでソフトボール代表の行動に「とても怒っている」とし「代表ユニフォームはメキシコを象徴する色になっているだけでなく、国旗も記されている」と述べた。



パディージャ会長はすぐにソフトボール連盟と面会しこの問題を論議する予定で、“見せしめ”次元で懲戒処分を下すと伝えたということだ。


同騒動はメキシコのボクシング選手が写真をTwitterに投稿したことから拡散した。


メキシコは今大会を4位で終え選手村を離れたが、その後、ゴミ箱からほぼ新品のユニフォームや運動靴、グローブなどが見つかった。



女子ボクシングメキシコ代表のブリアンダタマラ・クルスサンドバル選手(22)はTwitterに「このユニフォームは努力や犠牲、涙の象徴だ。すべてのメキシコの選手たちがこのユニフォームを着ることを熱望している」とし、「悲しいことにソフトボールチームが選手村のゴミ箱にすべてを捨てた」と伝えた。


彼女と同じく今回が五輪初出場のボクシング代表エスメラルダ・ファルコン選手(26)も「一部の選手にとってはこのユニフォームは何ともないかもしれないが、多くの選手にとっては数年間の努力、献身、愛、情熱を意味する」と怒りをあらわにした。



物議が大きくなると、メキシコのソフトボール連盟は「飛行機に積む荷物の重さを軽減しようと捨てたもの」と釈明しながらも、「ユニフォームを捨てた選手たちは二度と代表チームでプレーすることはできないだろう」と述べた。


メキシコ連盟はメキシコ全土に謝罪


また、ユニフォームの他にトレーニングシューズやバッティンググローブなどの用具も捨てられていたという。



このような事態を受け、メキシコソフトボール連盟は29日にSNSで声明を発表。同連盟はこの事実についてメキシコ全土に謝罪し、ユニフォームを捨てた選手への怒りを示した。今後調査を行い、ユニフォームを捨てた選手を突き止め適切な処分を下すとしている。


ソフト次ないからって捨てたらダメでしょ。祖国捨て、亡命するつもりか?


余計にソフトの復帰が遠のくしユニホーム以外の用具も捨てずにチャリティーとか、寄付とかさ。。。もらった方はオリンピアンからのプレゼントで宝物になるけどなぁ。


自分なら他の荷物を減らしてでも持って帰る一生の宝だと思うのですが、それぞれ考えが違うのでしょうね!とても残念!

ソフトメキシコ代表が五輪ユニフォームを「ゴミ箱廃棄」..連盟が激怒me ソフトメキシコ代表が五輪ユニフォームを「ゴミ箱廃棄」..連盟が激怒me Reviewed by RichKid on 7月 31, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.