SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

ケニア戦で古賀紗理那が負傷!ケニアを下し、初戦突破ke

 バレーボール女子日本代表は25日、有明アリーナでオリンピック予選ラウンド初戦を戦い、ケニアと対戦した。



スターティングメンバーは、黒後愛、古賀紗理那、石川真佑、島村春世、荒木絵里香(主将)、籾井あき、リベロ・小幡真子。


日本ーケニア戦の第3セット、日本が10―8とリードした場面で、日本のアタッカー、古賀紗理那(NEC)がブロックに跳んだ際、相手の足に乗って転倒。その場にうずくまり、動けなくなった。



スタッフらが古賀を担ぎ上げ、コートから運び出した。その後、有明アリーナ内の医務室に運ばれた。右足を捻挫したとの情報がある。今季急成長した古賀の状態次第では、日本はピンチに追い込まれる。


ケニア戦、勝利おめでとうございます。古賀選手、心配です。大事に至らないことを願います。応援しています。頑張ってください。



第1セット、黒後のスパイクで五輪最初の得点をするも、ケニアに4連続得点され、リードされる。しかし荒木のブロードなどで6-6の同点に追いつくと、石川のスパイクで7-6と逆転する。古賀のバックアタックが決まり、11-8、石川が要所でスパイクを決め、サーブでも相手を崩し、16-11とする。ケニアも粘りを見せるが、石川の好サーブが続き、島村の攻撃も決まり、21-11と一気に点差を離す。セット終盤は黒後のサービスエースも出て、24-14。最後は黒後のバックアタックが決まり、25-15で日本がセットを先取した。


第2セット序盤は、古賀の硬軟織り交ぜたスパイクや島村のブロックなどで6-2とリード。ここでケニアはタイムアウトをとる。その後も、古賀のスパイク、石川のブロックなどで得点を重ね、相手のミスにも助けられ、10-4。荒木のクイックも決まり、石川の渾身のレシーブを黒後がフェイントで相手コートに返して15-8とし、島村のブロックで20-10とダブルスコアに。相手のミスで21-11としたところで、島村に代えてリリーフサーバーで林琴奈を投入。サーブで崩して相手のミスを誘い、そのまま4連続得点し、25-11でセットを連取した。



第3セットも黒後のスパイク、石川のバックアタックなどで5-2とリード。しかし、ケニアもパワフルな攻撃やブロックで9-7と追い上げる。10-8の場面で古賀にアクシデントがあり、石井優希に交代。ここで動揺が走った日本は10-10に追いつかれ、タイムアウトをとる。交代した石井がブロックにつかまって10-11と逆転され、籾井のブロック、島村のブロードなどで立て直そうとする日本だが、一進一退の流れに。21-23とリードされた場面で再びタイムアウト。この後、石川、黒後がスパイクを決め、同点に追いつくと今度はケニアがタイムアウトをとる。タイムアウト明けも黒後が得点し、セットポイント。最後はケニアのコンビミスで辛くもセットを奪い、25-23。


エース古賀の負傷という心配なアクシデントはあったが、初戦を3-0(25-15、25-11、25-23)のストレートで勝利し、白星スタートを切った。



古賀ちゃんが心配。せめて軽い捻挫で済みますように。そしてその他の選手の皆さんも動揺せず改めて結束して頑張ってほしい!

ケニア戦で古賀紗理那が負傷!ケニアを下し、初戦突破ke ケニア戦で古賀紗理那が負傷!ケニアを下し、初戦突破ke Reviewed by RichKid on 7月 25, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.