SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

IOCバッハ会長は日本人を中国人と言い間違えた…“言い間違い問題”が海外にまで波紋

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が13日、都内で東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と面会した。8日に来日したバッハ会長は3日間の隔離期間を終え、行動規制期間に入り、この日から動き始めたものだが、公開で行われた会談の中で、日本国民に安全を訴えるつもりが、「最も大事なのはチャイニーズピープル…」と、日本人を中国人と言い間違えた。すぐに「ジャパニーズピープルの安全安心です」と言い直したが、東京都に4度目の「緊急事態宣言」が発令される中、決して五輪歓迎ムードのない日本人の感情をさかなでするようなKY発言を繰り返してきたIOCトップの発言は、さらなる反感を買うことになった。SNS上では「開催国がどこでも儲けさえすればいいんだろ」「本音が見えた」「もう頭の中は次の北京冬季五輪か」などと大炎上。



この単なる言い間違いでは済まされない痛恨のミスは、海外にも波紋を広げ、海外メディアに取り上げられる事態となった。


英ガーディアン紙は電子版で「IOCのバッハ会長が、日本の人々を“チャイニーズピープル”と呼んだことで、東京2020大会の開催に消極的なホスト国を味方につけようとする試みは、恥ずかしいスタートとなった」と否定的に報じた。


同記事は、「東京に到着してから初めての公式コメントで、バッハ会長は、大会がコロナウイルスの超拡散イベントにならないよう、日本の国民を安心させようとしたが、会談の冒頭で『私たちの共通の目標は、安全で安心な大会』と述べ、『選手、代表団、そして何よりもチャイニーズピープル……ジャパニーズピープル、すべての人々のために』と話した」と、失言内容を詳細に伝えた。



さらに「この失言は、会場の通訳者が訳さなかったため、繰り返されることはなかったが、日本のメディアによる報道があり、ソーシャルメディアでの反発を招いた」としている。通訳は日本語で「中国の人々」と訳さなかったけれども、日本と中国を混同し、言い間違えた事実は、日本の多くのメディアによって伝えられ、SNS上でも日本語による反発や反応があったことを報じている。


また「東京は月曜日に4回目の緊急事態宣言を発令し、バーやレストランでのアルコール提供の禁止などの措置がとられており、これらの店は早めに閉店しなければならない。オリンピック終了から2週間後の8月22日まで実施されるこの規制は、生き残りをかけている飲食店の怒りを買っている」と、東京の感染状況や、「緊急事態宣言」で経営的に苦しい立場に追い詰められた飲食店からの反発の声が強まっている状況についても紹介した。



香港で発行されている「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」の電子版でも、IOCトップの言い間違い問題を報じた。


記事は「IOCバッハ会長は、自分がどこにいるのかを忘れてしまったかのように、新型コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず東京大会の主催者はオリンピック史上最高の準備ができていると称賛した。IOC会長は、東京2020大会の橋本会長と、そのチームとの会談で“チャイニーズピープル”と言った後、すぐに“ジャパニーズピープル”と訂正するという失言をした」と書き出している。


ワシントンポスト紙の電子版も、この言い間違いについて皮肉な見出しで伝えた。


「東京でオリンピックサイズの失言。バッハIOC会長、日本人を“っチャイニーズピープル”と呼ぶ」



本文では「IOCのバッハ会長は、先週東京に到着してから初めての公の場で、日本人を“チャイニーズピープル”と不用意に表現し、すでにがたついている日本でのイメージに拍車をかけた。バッハ会長は、すぐに自分のミスに気付き、通訳がこの失言を日本語に訳すことはなかったが、すぐに日本の報道機関に取り上げられ、ソーシャルメディア上で反発を招いた」と紹介している。


また日本人がバッハ会長の発言に反感を覚えたのは、これが初めてではないことも指摘。5月の「逆境を乗り越える力が日本人にはある」などという発言でも、日本の世論を煽ったとしている。バッハ会長は、来日後、最初の3日間は東京都心の5つ星ホテルに隔離され、オリンピックに参加する多くの人々と同様に、最初の14日間は、行動に制限を加えられていることなども書き加えている。



ワシントンポスト紙のコメント欄には、「それがどうした?ミスは起こる」というバッハ会長を擁護する投稿もあったが、それに対して、「バッハが私たちのことをアメリカ人ではなくカナダ人と言ったとしても、あなたは同じことを言うのか?これは良い比較ではないな。例えば、彼が私たちをアメリカ人ではなく、ロシア人と呼んだとしたら?同じことを言うのか?」と反論する人もいて読者間で論争も起きている。


英国ロンドンに拠点を置く「スカイニュース」は、公式ツイッターアカウントに、失言の動画を掲載した。この動画のツイートのリプライには、「みんな同じに見えると言っているのでしょうか?人種差別主義者だ」という英語での厳しい書き込みも見られた。



ワシントンポスト紙が「ぼったくり男爵」と表現するなどバッハ会長への批判の声は日増しに強くなっている。無観客でチケット収入がなくなっても巨額な放映権料とスポンサーフィーを手にするIOCは痛くもかゆくもない。この日は、選手村が開村され、もう五輪の開催は止められないだろうが、バッハ会長の無責任な発言や行動は決して看過できるものではない。バッハ会長は今日14日には菅義偉首相、小池百合子都知事らと会談。16日には広島訪問が予定されている。


発言するたびに開催国を侮辱し、国民の神経を逆撫でしてなんの得があるのか。


自分がそんなに偉いと思うだけだと思うが、今後五輪に立候補するなら、天文学的赤字を覚悟する上これだけ侮辱されるならやりたいと思う国民は限られるだろう。

IOCバッハ会長は日本人を中国人と言い間違えた…“言い間違い問題”が海外にまで波紋 IOCバッハ会長は日本人を中国人と言い間違えた…“言い間違い問題”が海外にまで波紋 Reviewed by RichKid on 7月 14, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.