SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

IKKOは小山田圭吾の虐待告白に涙で抗議…池田美優は「読む限り胸くそ悪いいじめ」

 18日のTBS「サンデー・ジャポン」が、東京五輪開会式に作曲担当としての参加が発表されたミュージシャンの小山田圭吾が、過去に雑誌などで、障がい者とされる同級生らにいじめを繰り返したとして、暴力やむごい行為を語っていたことが問題となり、ツイッターで謝罪および五輪続投を投稿した件を特集した。


番組では、雑誌に掲載された、直視できない虐待告白の記事の一部が表記を含めて示され、他にもテレビで放送できない内容があると伝えられると、タレント池田美優は五輪開会式については「辞任はたぶん間に合わないからやるんであろうとは思う」と語った。


記事については「インタビューなのでどこまでが本当になのかが分からないですけど、これ読んだ限りだと、結構、胸くそ悪い感じのいじめだなと思いましたね」と語った。



一方、美容家のIKKOが18日、TBS系「アッコにおまかせ!」に出演し、ミュージシャン・小山田圭吾の過去の虐待告白記事について、涙で抗議した。


MCの和田アキ子は小山田のインタビュー記事を読んだことを明かした上で「ちょっとテレビでは言えないぐらい。いじめというには余りにも悲惨!陰湿を通り越して悲惨」と表現した。小山田がツイッターで、いじめた相手に対して「大変今更ではありますが、連絡を取れる手段を探し直接謝罪をしたいと思っております」とコメントしたことに、IKKOは「今さら、昔のこと思い出してしまうから、そういうことしてほしくないですね。わたしだったら」と嫌悪感をあらわにした。



さらに、小山田が虐待について、まるで武勇伝のように語っていたことについて「それを知らなかったっていうのもありえないと思うんです」と大役に起用したオリ・パラ組織委員会にも疑問を投げかけた。虐待した相手が障がいを持っていたことに「そんなことできんのかな…」と言葉を詰まらせた。声を震わせながら「涙しかないですね」と悔しさを隠さなかった。


ひろゆき氏、小山田圭吾の問題に「イジメは前科者より制裁を受けるべき。という考えの人、結構居ます?」



「2ちゃんねる」開設者のひろゆきこと西村博之氏が18日、自身のツイッターを更新。1週間後の23日に迫った東京五輪開会式で楽曲を担当するチームの一員に任命されたミュージシャン小山田圭吾が、過去に雑誌などでいじめを告白してたとして問題視されていることについて改めて私見を述べた。


この問題に小山田は16日にSNSで「多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。組織委員会の武藤敏郎事務総長は17日の会見で「小山田さんが謝罪されたのもわたくしどもも理解しました。彼は現時点で十分に謝罪し、反省をしている。我々は当初、そういうことを知らなかったのは事実だが、小山田さんに引き続き、貢献していただきたいと考えています」と説明した。



ひろゆき氏は「違法行為で有罪の人は罪を償ったけど、イジメをした人は有罪になり罪を償う行為をしてない。よって、イジメをした者は、前科者よりも後ろ指をさされるべきで社会的な制裁を受けるべきである。という考えの人って、結構居ます?」と疑問形で投稿。続けて「どちらに与してるわけでなく興味で聞いてますよ。。。と予防線」とつづった。


16日の投稿では「小山田圭吾さんの過去いじめ問題がネットで話題になるのは3回目ぐらいのイメージなんだけど、これって10年おきとかにずっと起き続けるのかな、、、江戸時代とか大正時代なら言わないだろうし、故人だと言わなくなるのかな。。。」とつづっていた。


予防線を張るコメントを残すということは自身もこのコメントによって世論からイジメられるのを恐れているということでしょ。



イジメは大人でさえ恐れる行為です、それを笑いながら障がい者へ行い、更にその行為を大人になってからも後悔や懺悔をするどころか武勇伝のごとく記者へ答えている。


制裁云々ではなく、そんな奴が五輪に関わっているということが受け入れられないと感じる国民が多いということだと思いますけどね。

IKKOは小山田圭吾の虐待告白に涙で抗議…池田美優は「読む限り胸くそ悪いいじめ」 IKKOは小山田圭吾の虐待告白に涙で抗議…池田美優は「読む限り胸くそ悪いいじめ」 Reviewed by RichKid on 7月 18, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.