SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

グリーズマンとデンベレの謝罪内容もまた物議を醸し、「謝るどころか逆ギレしてる」…楽天・三木谷氏FCバルセロナに抗議表明

 サッカー・フランス代表のFWアントワーヌ・グリーズマンとFWウスマン・デンベレは、過去に日本滞在中に撮影された差別的発言を含む動画について、2021年7月5日、自身のSNSを通じて謝罪した。



2人の謝罪内容もまた物議を醸し、日本のツイッター上では「開き直り」「謝るどころか逆ギレしてる」と批判が集まっている。その一方で、デンベレのインスタグラムには批判とは異なる、明らかな「差別的投稿」も相次いでいる。



■フランスメディアも批判


グリーズマンとデンベレはフランス代表の中心的選手。ともにFCバルセロナ(スペイン)に所属する。19年7月にはクラブの日本ツアーで来日していた。



問題になっているのは、その来日時にホテルの一室で撮られた40秒ほどの動画。2人はサッカーのテレビゲームをするため、ホテルのスタッフにセッティングを任せていた。しかし、デンベレはセッティング中のスタッフを前に、フランス語で「醜い面」「ひどい言葉だ」などと発言。グリーズマンはデンベレの隣で、終始笑みを浮かべていた。


この動画が21年7月2日にインターネット上で拡散され、「日本人差別ではないか」と批判を集めた。3日には日本のウェブメディアが動画の内容を相次いで報じた。4日にはフランスで最も歴史のある日刊紙「フィガロ」電子版が動画を取り上げ、「人種差別的な発言」「悪い冗談を言いながら、スタッフの出自を公然と馬鹿にし、不快なカメラズームと太い笑い声を繰り返している」と批判した。


そうした中、5日夜にデンベレとグリーズマンは自身のSNSを通じ、騒動を謝罪した。



デンベレはインスタグラムのストーリー機能を通じてメッセージを投稿した。動画での発言は「プライベートで、友人との間で、相手がどこの国の人であろうと使う傾向があります」と説明。動画はもともとプライベートで撮影されたとした上で、「このビデオが公開されたことで、そこに映っている人たちが傷つく可能性があることは十分に理解しています。だからこそ、彼らに深く謝罪したいのです」とした。


グリーズマンはツイッターで、フランス語で次のような文章を投稿した。


「私は、どんな差別にも反対してきました。ここ数日、ある人たちが私をおとしめようとしています。私に対する非難には断固として反論し、日本の友人たちを怒らせてしまったならば申し訳ないと思っています」



絵文字、日本語での差別コメントも


しかし、これらの謝罪文もまた、物議を醸している。デンベレに対しては、24時間で投稿が消えるストーリーで謝罪文をポストしたことや、動画で使ったような表現を「どこの国の人であろうと使う」と説明したことなどに、日本のツイッター上では「開き直り」「謝るどころか逆ギレしてる」と批判が集まっている。


イギリス出身の日本在住サッカーライター、ベン・メイブリー氏は6日、自身のツイッターで「(デンベレは)謝っているようで実はあまり謝っていない姿が尚更残念に思う。対象がどこの人だろうが同じ言い方をしたって...どの人種、どの国籍、どの人に対しても、差別的な発言や侮辱は100%いけない」と私見を述べた。



また「私をおとしめようとしている」「非難には断固として反論する」とコメントしたグリーズマンに対しても「謝罪になってない」「自己中心的」などの批判が集まっている。


だが、デンベレのインスタグラムには、こうした批判とは異なる、明らかな差別的ニュアンスを持ったコメントも寄せられている。



デンベレの最新投稿(6月23日投稿)のコメント欄には、デンベレが謝罪文をポストした後から、アフリカ系のデンベレの肌の色を侮辱するような投稿、人種差別的な投稿が相次いでいる。絵文字を使ったものや、中には日本語でのコメントも確認できる。


ゲームをセッテイングしてくれている方に対して言葉がわからないのを良いことに言いたい放題。本当に腹が立つ。しかもどう読んでも心の底からの謝罪じゃ無い。フランス人に対する見方が変わってしまったよ。


まぁ謝罪よりも日本人に言ったわけではないみたいな言い訳に終始してる印象だけど、それで選手たちに同じように批判や中傷をやり返すのもよくないからやめてほしいね。



楽天・三木谷氏FCバルセロナに抗議表明「許されるものではなく」差別的発言問題で


楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が6日、同クラブのスポンサーなど協力関係を築いてきた観点から、同クラブに正式に抗議するとともに、見解を求めると表明した。


三木谷氏は自身のツイッターアカウント(@hmikitani)に「FCBの選手が差別的発言をした事について、クラブのスポンサーまたツアーの主催者としてとても残念に思います。楽天はバルサの哲学に賛同し当クラブのスポンサーをしてきただけにこのような発言は、どのような環境下でも許されるものではなく、クラブに対して正式に抗議すると共に見解を求めていきます」(午後7時35分の投稿を引用)とつづった。



また、楽天グループとしても、公式ウェブサイトに「FCバルセロナに所属する選手が差別的な発言をしたことについては、同クラブとパートナーシップを結び、日本で行われた試合に招致した当社としても誠に遺憾です。楽天はFCバルセロナの哲学に賛同し、同クラブとのパートナーシップを継続してきました。このような行為はいかなる環境下でも許されるものではなく、当社として同クラブに対し、正式に抗議するとともに、本件に関する見解を求めてまいります」と、同様の見解を発表した。


FCバルセロナとのスポンサー契約は、2016年に発表され17-18年シーズンから結んでいる。楽天グループが出資し、三木谷氏が会長を務めるJ1神戸には、イニエスタら元バルセロナの選手が所属しているが、そうしたトップチーム強化の面の繋がりだけではなく、育成などの理念面でもバルセロナから学びを得るべく提携・交流をしてきた経緯がある。


当然だが、やってくれて嬉しい。今やスポーツは人種差別とかなり強く結びついているし、ここで黙ってもマイナスしかない。多くの日本人選手も差別を受けていただろうが、やはりアジア人差別は中々表面化しなかった。この際徹底的に明るみに出したいところ。

グリーズマンとデンベレの謝罪内容もまた物議を醸し、「謝るどころか逆ギレしてる」…楽天・三木谷氏FCバルセロナに抗議表明 グリーズマンとデンベレの謝罪内容もまた物議を醸し、「謝るどころか逆ギレしてる」…楽天・三木谷氏FCバルセロナに抗議表明 Reviewed by RichKid on 7月 07, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.