SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

駅員が鉄道ファンらに激怒…駅員が腹部を殴ったとの情報も出

 千葉県船橋市内のJR南船橋駅で、鉄道ファンらが駅員との約束を守らず、駅員がブチ切れる様子を映した動画がユーチューブに投稿され、様々な意見が寄せられている。



駅員の発言について、JR東日本では、「行き過ぎがあった」と謝罪した。とはいえ、同じ日に別の駅でも、鉄道ファンの行為に駅員が注意してトラブルになっており、ネットでは駅員を支持する声も多いようだ。


■南船橋駅では、駅員が「黄色い線から出た」と鉄道ファンらに激怒


ホームの先端に、多くの鉄道ファンが集まる中、鮮やかなレッドが印象的な国鉄時代の電気機関車が近づいてきた。


「黄色い線の内側に下がっているんじゃねぇのか!」。一番先端には、駅員がおり、ファンらに向かって、こう怒鳴り出した。運転士も、危ないと察知したらしく、汽笛を大きく鳴らしている。



駅員は、そのうちの1人に「おい!話が違ぇだろがよ」と詰め寄り、周りに対しても、「何やってんだ、おめぇらよ!黄色い線の内側だって話だっただろ」と怒鳴り散らした。


この20秒ほどの動画は、2021年7月8日にユーチューブ上にアップされた。すぐにツイッターにも転載され、投稿は1500件以上もリツイートされている。


「駅員もちょっと厳しすぎかな」との声もあったものの、「これくらい言わないとダメ」「ルールは守って欲しい」と駅員を支持する声が多かった。


現場で、後ろの方からこの様子を写真や動画で撮ったという鉄道ファンの1人は9日、J-CASTニュースの取材に答え、当時は20人ほどのファンらがいて、けっこう密だったと明かした。



「たしかにJRの駅員の態度や言葉は悪いと感じました」と漏らしつつも、黄色い線から出て撮影した人が5人ぐらいいたと指摘した。そして、「鉄道ファンのあり方としては、楽しく安心して撮影出来るように、一人一人がルールを守って鉄道ファンという意識を心掛けてほしい」と苦言を呈した。


この動画内容について、JR東日本千葉支社の広報担当者は9日、取材にこう話した。


吉川駅では、駅員が腹部を殴ったとの情報も出たが、JR側は否定


「駅員は、事前に鉄道ファンの方にお願いし、黄色い線の内側にいるよう申し合わせができていたと聞いています。列車に当たると大ケガをしますので、緊急避難的な言葉として駅員が即座に言ったと思います。ですが、言葉と態度が行き過ぎたようで、本人も反省しており、こちらでもお詫びしたいと思います」


当時は、機関車が駅に近づくと、5~8人が「行け!行け!行け!」と叫んで、ホームの先端に走り出したという。先端部には、垂直方向にも黄色い線があったが、このぐらいの人数がそこから出て撮影していたとした。



千葉支社によると、この機関車が南船橋駅を通過したのは、7月8日16時13分だった。


機関車は、国鉄時代に生産された「EF81」で、千葉県内の房総地方で使っていたE257系の特急車両を他の線区で使うため連結して輸送していた。この日に、新習志野駅近くの車両基地を出て、9日に秋田総合車両センターに到着する予定で南船橋駅から武蔵野線に入っていた。


ところが、鉄道ファンと駅員の間でトラブルがあったのは、南船橋駅だけではなかった。


ツイッター上では8日、埼玉県吉川市内にある同じ武蔵野線の吉川駅でも、ファンらがホームに集結して、駅員がそのうちの1人の服を引っ張ったり腹部を殴ったりしたといった情報が駆け巡った。



JR東日本大宮支社の広報室は9日、この機関車がこの日16時57分に吉川駅を通過したとしたうえで、次のように話した。


「下りのホームに鉄道ファンが30人ぐらいいて、脚立に乗っていた方がいました。駅員が再三注意しても聞かず、通行の障害にもなりますので、駅員が服をつかんで脚立から降ろしました。そして、この方には、駅員が注意を促したとのことです。腹部を殴ったという話が出ていますが、そういった事実はなかったと聞いています」


現場には、警察官3人が警備していたが、このことがきっかけではなく、JR側が事前に手配していたという。


この駅員の行為については、「言葉や態度に行き過ぎはなく、対応に問題はなかったと考えています」としている。

駅員が鉄道ファンらに激怒…駅員が腹部を殴ったとの情報も出 駅員が鉄道ファンらに激怒…駅員が腹部を殴ったとの情報も出 Reviewed by RichKid on 7月 10, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.