SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

水谷隼・伊藤美誠、日本卓球界史上初の金メダル獲得!逆転で最強中国のペア撃破bb

 26日、東京五輪卓球競技の混合ダブルス決勝に、日本から水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアが登場。ゲームカウント4-3で中国ペアを下し、日本卓球界史上初の五輪金メダルを獲得した。



五輪で中国勢が敗れたのは、2004年男子シングルス決勝以来。女子がタイトルを逃すとなると、初開催となった1988年ソウル五輪ダブルスまでさかのぼる。これまで、ことごとく跳ね返されてきたが「楽しい卓球」を貫き通した2人が悲願を達成。リオ五輪で男子初のメダルを獲得した水谷と、卓球界の最年少記録を次々と塗り替えた伊藤の2人が、また卓球史に燦然と輝くメダルを勝ち取った。


水谷「中国という国に、今まで本当にたくさん、五輪、世界で負けてきて、東京五輪で今まで全てのリベンジできた。本当にうれしい」



伊藤「すんごくうれしいです。みなさんの、日本代表選手の、スタッフの応援とか、本当にすごくたくさんの応援してもらって、あきらめないで戦えて、最後まで楽しかったです」


第1シードの中国ペアと対戦


東京五輪から採用された新種目である混合ダブルス。日本卓球界初の金メダルを目指す水谷/伊藤ペアに立ちはだかるのは、“卓球帝国”中国の許昕(シュシン)/劉詩雯(リュウスーウェン)ペアだ。



2019年スウェーデンオープン決勝、2019年ドイツオープン決勝での両ペアの対戦は、それぞれ2-3とあと一歩のところで日本ペアは敗れている。


左ペンドライブ型の許昕の“唯一無二”とも言われる独特なドライブと、2019年世界女王の劉詩雯の巧みなコース取りは抜群のコンビネーションを誇る。その中国ペアに、日本ペアはどのような戦いを見せるのか注目が集まっていた。


水谷・伊藤が金メダル



立ち上がり、許昕の2連続チキータに伊藤が対応できず、そのまま4連続失点。日本ペアの準決勝までなら決まっていたはずのボールも、中国ペアはあと1本多く返してくる。第1ゲームは中国ペアに軍配が上がった。


第2ゲームも中国ペアの思い切り良いプレーが炸裂する。全く守りに入らない中国ペアが得点を重ね、日本ペアは1-8とリードを許す苦しい展開に。そこから5-8と追い上げたタイミングで中国が“らしいタイミング”でタイムアウト。流れを切られた日本ペアは7-11でまたもゲームを落としてしまう。



準決勝ではやりたい放題に炸裂していた伊藤のバックが、この決勝では上手く決まらない。許昕の横回転の入ったドライブや緩急のあるボールに対しミスを重ねてしまうが、第3ゲーム中盤から徐々に伊藤のバックに安定感が戻り、第3ゲームを日本ペアが取り返した。


第4ゲーム、許昕に回り込み横入れのスーパープレーを見せられるも、水谷が全くミスをせず、好プレーを連発。逆転で第4ゲームも日本ペアが奪取した。


奪った側が金メダルに王手をかける勝負の第5ゲーム。勢いに乗る日本ペアが序盤からリードする。中盤で6-6と追いつかれるも9-8リードで日本側がタイムアウト。タイムアウト明けの大事な1点を日本側が奪い、11-9で日本ペアが奪い、金メダルに王手をかけた。



第6ゲームも日本ペアが攻めの手を緩めない。しかし、中国も“最強”も名に恥じない粘りを見せ、ゲームを奪取し、勝負の行方は最終第7ゲームへ持ち越された。


序盤から水谷/伊藤が冴えたプレーを連発し、8-0とリード。勢いは止まらず、得点を重ね、見事水谷/伊藤ペアが日本卓球界史上初の金メダルを獲得した。


2020年1月、男子代表の倉嶋洋介監督が五輪代表最後の3枠目に水谷を選んだ時、五輪の全種目でメダルを取った、初の日本人になれ―」との言葉を授けた。16年リオデジャネイロ五輪では団体とシングルスで日本男子初のメダルをもたらしたかつてのエースも、年齢には勝てない。東京五輪を前にして張本にエースの座を譲り、「水谷の時代はもう終わった」との声も飛んだ。



それでも指揮官は期待を込めて選出した。その思いに応えようと水谷は今年3月から肉体改造に着手。代表チームをサポートしている田中礼人トレーナー(37)とともに筋力強化に励んだ結果、背筋やお尻、太もも周りが目に見えて力強くなった。ロビングが上げられず守備範囲も狭くなっていたのが、中陣、後陣の打ち合いで勝てるようになり、フットワークも俊敏になった。慢性的だった腰の痛みも消えた。


「自分がオリンピック選手にふさわしいのか、常に思っていた。でも監督に選んでいただき、自分にしかできないことだと思って、毎日自問自答しながら努力してきた」と水谷。リオの立役者は5年後の東京の舞台でもやはり、日本卓球界の大黒柱だった。

水谷隼・伊藤美誠、日本卓球界史上初の金メダル獲得!逆転で最強中国のペア撃破bb 水谷隼・伊藤美誠、日本卓球界史上初の金メダル獲得!逆転で最強中国のペア撃破bb Reviewed by RichKid on 7月 27, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.