SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

崩壊5万立方メートル 盛り土、被害拡大の可能性…盛り土の不動産管理会社元幹部、責任を否定

 熱海市伊豆山で発生した大規模な土石流について、静岡県は4日、土石流の起点となった逢初川の上部で、開発行為に伴う盛り土の崩落が確認されたと明らかにした。崩れた盛り土は約5万立方メートルと推定され、周辺を含めると約10万立方メートルの土砂が流れ下ったとみている。盛り土の存在が土石流の被害拡大につながった可能性もあるとみて今後、開発行為の経緯を含めた原因の調査を進める方針。



盛り土が確認されたのは逢初川河口から約2キロの標高390メートル地点。逢初川の起点より約400メートル西側で、盛り土前に谷になっていた地形の最奥に当たる。県が昨年取得した地形の電子データと2010年頃の国土交通省のデータを比較したところ、長さ約200メートル、幅約60メートルの盛り土が分かった。


県によると、土石流の最初の起点が盛り土だったのか、盛り土より下流側の崩落が盛り土の崩落を誘発したのかは現時点で分かっていない。崩れた盛り土の上部には車両が通行できる道が整備されていたが、開発行為の目的や時期も明らかになっていない。



県土採取等規制条例は面積千平方メートル以上、体積2千立方メートル以上の土地改変を行う場合、県に届け出をするように定めている。ただ、全国一律で盛り土を規制する法律はないため県内の自治体が国に整備を要請していた。


川勝平太知事は同日、ウェブ開催された全国知事会の広域災害対策本部会議で「雨が直接的な要因であり、開発と因果関係は明確ではないが、今後検証したい。防災の専門家の意見ももらい、全国知事会としても何らかの開発制限について国への提言など対応の強化が必要」と述べた。



この盛土、ニュース映像とGoogleアースをみる限りの情報ですが、隣の太陽光発電所のアクセス道路のために造成されたように見える。まぁ、近日中には公になると思うけど。


盛り土の不動産管理会社元幹部、責任を否定


静岡県熱海市の大規模土石流の起点に、2007年に盛り土をした神奈川県小田原市の不動産管理会社の元幹部が5日、共同通信の取材に「熱海市に届け出て盛り土をした。豪雨はこれまでもあったが、崩れなかった」と責任を否定した。



今までは、崩れなかった、、、。それは、過去の事。


現時点では、盛り土の部分がかなり崩れているとの報道がある。これから専門家の検証があるだろうけど、原因究明には、時間がかかると思う。


盛り土は宅造規制、開発許可を守っていれば、業者でなく、規制している行政側である。それに住民が反対していた、上部のソーラ発電システムの許可はどのようになされたのか。


貯水能力が期待できる森林の伐採を認めたのは誰か。映像では、崩壊した上部から滝のように流水している。住民の反対にも拘わらず、認めたのは県知事、市長。はたまた国か(更に、危険地域に指定されている)このソーラーシステムは何処の国が作ったのでしょうか?



これだけの被害が出てしまったから、誰かに責任があると考えたくなってしまいます。私も報道を見ている限りにおいては、盛り土に原因があるのではないかという印象を持っています。


しかし必要なのは、予断を持たないフラットで科学的な調査、分析だと思います。調査が行われるということなので、まずはその結果を待ちたいと思います。


もちろん、調査の結果この被害に会社や行政の責任があることが分かった場合は、その範囲で誠実な対応が求められると思いますが。

崩壊5万立方メートル 盛り土、被害拡大の可能性…盛り土の不動産管理会社元幹部、責任を否定 崩壊5万立方メートル 盛り土、被害拡大の可能性…盛り土の不動産管理会社元幹部、責任を否定 Reviewed by RichKid on 7月 05, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.