SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

梶谷の死球骨折に「故意という部分ではないけれども」顔曇らせる…長期離脱3

 「阪神1-8巨人」(10日、甲子園球場)。巨人がまたも痛恨のアクシデントに見舞われた。



巨人の原監督が試合後、死球を受けた右手の骨折が発表された梶谷について取材に応じた。顔を曇らせ、「当然、勝負の中でね、故意という部分ではないけれどもね、やっぱり骨折というのは避けてもらいたいところだね。それはね」と語った。


初回の攻撃で、阪神先発の伊藤将の投球がバットを握る右手甲に当たった。しばらくうずくまり動けなかった梶谷は、すぐに病院へ向かい、「右第3中手骨骨幹部骨折」と診断された。



原監督は「1日も早く治るということと、治すということと、まあ、前を向いて我々は戦うということですね」と前を向いた。


梶谷は右太もも裏の張りから6月22日・DeNA戦で復帰したが、再び長期離脱の可能性も出てきた。


初回、1死満塁の場面。伊藤将の直球を右手に受け、その場にうずくまり苦悶の表情。トレーナーに付き添われて歩いてベンチへ戻り、そのまま代走が送られた。



今季は坂本がヘッドスライディングで、右手親指を骨折。5月9日から約1カ月戦線離脱した。また、6月11日には吉川が死球で左手中指を脱臼と骨折で離脱した。梶谷で主力3人目の骨折。助っ人もテームズが右アキレス腱断裂で今季絶望となるなど、不運が重なっている。


投手陣もエース菅野、リリーフエースの中川も左肋骨骨折で登録を外れており、試練のシーズンとなっている。


梶谷選手の骨折は阪神ファンの自分もつらいです。まずは明日監督、投手コーチ、伊藤投手本人が巨人サイドに謝罪しないとダメだと思う。



故意ではないと思いますが、当てた後の態度があまりにも悪い。ルーキーであろうと死球の後のあの態度は厳しく指摘しないとダメでしょう。


同じレベルだと思われたくないので、ジャイアンツファンも報復しろとかは言わないようにして欲しい。


当ててしまうのは仕方ない。今日は清原がスタンドに来てたらしいが、昔金本に死球を当てた自軍の投手に「ちゃんと謝れ」と一塁から叱ってた。


阪神にはそういう選手コーチはおらんのかな?

梶谷の死球骨折に「故意という部分ではないけれども」顔曇らせる…長期離脱3 梶谷の死球骨折に「故意という部分ではないけれども」顔曇らせる…長期離脱3 Reviewed by RichKid on 7月 11, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.