SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日本に敗戦したメキシコ代表に、南米メディアは嘆き…メキシコ人ジャーナリストが激賞した2人の日本人戦士は?

 「波に乗っていたメキシコは完全に出鼻を挫かれた」



7月25日、埼玉スタジアム2002で東京五輪のグループリーグ第2節、日本対メキシコの一戦は、2-1でホームの日本が勝利を収め、予選2連勝を飾った。


フランス戦を4-1で勝利し、波に乗っていたメキシコは完全に出鼻を挫かれた。6分に流れから久保建英に守護神ギジェルモ・オチョアの壁を破られ、11分には相馬勇紀へのアフターチャージがVARでPKと判定され、堂安律にPKを決められ、完全にペースを失ってしまった。退場者で数的不利に陥りつつも、1点を返せたのは終盤の85分だった。



南米メディア『infobae』はその戦いぶりを嘆いている。


「この試合はメキシコにとって、勝てば準々決勝進出が決まるという重要な試合だった。だが、フランス戦で堂々とした勝利を収めたメキシコの姿は、キックオフ直後から見ることができなかった。15分も経たないうちに日本に2点差をつけられ、挫折を味わうことになった」


同メディアは「前半からカードが飛び交う展開になった」と審判の試合さばきをチクリとしながらも、「イエローカードの存在は、日本の機械のように正確なチームに影響を及ぼすことはほぼなかった。対するメキシコはいつまでも戸惑ったままだった」と伝えている。



また、メキシコ・メディア『MedioTiempo』は「最も印象的なハイライトは、ウリエル・アントゥナが、ポルトガル人のアルトゥール・ソアレス・ディアス主審と激しい口論になった瞬間だった」と皮肉っている。


「日本に敗れたメキシコは、アントゥナが主審と短い時間ながらも激しい口論をしたことで、不思議な映像を残した。82分、メキシコの選手が主審の判定に不満を漏らし、ポルトガル人の主審に詰め寄り、日本チームに有利なファウルを指摘した。両者はにらみつけたものの、エスカレートすることはなかった。


W杯で笛を吹いたこともあるアルマンド・アルチュンディア氏は、『この審判の態度は良くない。選手に向き合うのではなく、反則を指摘すれば十分だ』と非難した。だが、アントゥナとて途中からフィールドに立ったものの、局面を変えるには不十分だった」



首位に立った日本は28日の最終節で3位フランスとの対決に挑み、2位のメキシコは決勝トーナメント進出をかけて南アフリカと対戦する。


「素晴らしい選手がいるね」記者席のメキシコ人ジャーナリストが激賞した2人の日本人戦士は?


「日本はインテリジェンスもテクニックもある」


とりわけ前半は、歴史的にやや苦手にしている感があった相手に対し、完璧に近いパフォーマンスを披露。6分に堂安律のクロスから久保建英が巧みに先制ゴールを奪うと、その5分後に堂安がPKを決め、2点のリードを奪った。



ちょうど記者席の一列前にメキシコのジャーナリスト3人が陣取っていたのだが、前半45分は嘆きの声ばかり。文字通り頭を抱えている様子だった。


ハーフタイムに、その中のひとり、メキシコの新聞社『EL UNIVERSAL』のダニエル・ブルムローゼン記者に、日本の印象を訊いたみた。


「日本はインテリジェンスもテクニックもある。良いチームだ」

 

そう評価した同記者は「メキシコは混乱している。なぜなら、日本が驚くべき攻撃を繰り出しているからだ」と続けた。



「印象に残ったプレーヤーはいますか?」と尋ねると、「7番のクボと10番のドウアンだ。日本には素晴らしい選手がいるね」と、ヤングジャパンの攻撃を牽引するレフティコンビの名を挙げて、称賛した。


苦しい展開に興奮したのだろうか。彼のテーブルには、なぜかコーヒーがこぼれていた。

日本に敗戦したメキシコ代表に、南米メディアは嘆き…メキシコ人ジャーナリストが激賞した2人の日本人戦士は? 日本に敗戦したメキシコ代表に、南米メディアは嘆き…メキシコ人ジャーナリストが激賞した2人の日本人戦士は? Reviewed by RichKid on 7月 26, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.