SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

北京などで“今季最強”豪雨 四川省…遼寧省で大雨 24のダムで常時満水位超え

 遼寧省(Liaoning)では12日から多くの地域が激しい雨に見舞われ、局地的に非常に激しく降っています。現在、続いている強い降雨の影響で、遼寧省の全省で24のダムが常時満水位(平常時にダムが流入してくる水を貯留する際の最高水位)を超えています。



遼寧省洪水・干ばつ防止指揮部によりますと、今回の遼寧省の強い雨は12日朝から始まり、最初に降り始めたのは遼寧省西部の葫芦島や朝陽などでした。その後も西から東へゆっくりと移動し、現在も継続中だということです。13日午前6時から14日午前6時にかけて、遼寧省の大連(Dalian)、鞍山(Anshan)、錦州(Jinzhou)、阜新(Fuxin)などで次々と大雨や豪雨となり、局地的に非常に激しい雨が降っており、うち、最大雨量は庄河市(Zhuanghe)塔嶺鎮(Taling)で243.4ミリ、1時間の最大雨量は庄河市塔嶺鎮で89.0ミリとなりました。


14日午後2時までに、全省の危険回避移転人口は2万4585人となり、内訳は鞍山2万2615人、錦州209人、遼陽123人、朝陽402人、葫芦島1236人です。また、災害状況の報告はまだ受けていないとのことです。



一方、中国の北京や隣接する河北省では11日から“今季最強”とされる激しい雨に見舞われ、人が流されるなどの被害が出ています。


「北京ではきのうの夜から強い雨が続いています。道路も一部、水がたまり始めています」


北京では“今季最強”とされる大雨などの警報が出され、当局は小中学校に対し、12日に予定されていた夏休み中の登校日を中止にするなどの措置を取りました。

 


隣接する河北省では11日から豪雨に見舞われ、SNS上には土砂崩れで道がふさがれる様子や、濁流のようになった道路で人が流される様子が投稿されました。さらに、南西部の四川省では9日から記録的な豪雨となり、国営の中央テレビによりますと、およそ11万人が避難し、被災者は59万人にのぼるということです。



ドイツ西部でも豪雨が起きました。人間は自然に対してどう向き合うかを考えるべき時です。



ドイツ西部各地で14日から15日にかけて豪雨による洪水が発生し、地元メディアによると、少なくとも42人が死亡、数十人が行方不明になっている。河川の堤防も各地で決壊し、救助活動は難航。多数の家屋が倒壊の危機にあり、被害が拡大する恐れもある。


報道によると、西部ラインラント・プファルツ州では複数の住宅が倒壊。特にワインの産地で知られるライン川流域のアールワイラー地区では多くの家屋が床上浸水している。屋根の上に取り残されている人々も多いが、救助隊が近付けない場所もあるという。現地からの映像では、勢いを増した濁流に車がのまれ、流される様子などが報じられている。



西部ノルトライン・ウェストファーレン州では救助活動中の消防士が水死。南西部バーデン・ビュルテンベルク州でも死者や複数の行方不明者が出ている。


ドイツはよく洪水を起こしているが、水の流れが通常日本よりゆったりしているので死者が出るほどの洪水になることはない。洪水が多い水辺地域では1階部分に何も置かず「また来たわねー」と水が引いた後泥をはらうイメージ。しかし今回は4,5階部分まで水が押し寄せて屋根しか見えない地域が多数ある。しかもドイツだけでなくオランダ、ベルギー、ルクセンブルクと広範囲にわたっており被害の全容はまだ見えない。

北京などで“今季最強”豪雨 四川省…遼寧省で大雨 24のダムで常時満水位超え 北京などで“今季最強”豪雨 四川省…遼寧省で大雨 24のダムで常時満水位超え Reviewed by RichKid on 7月 16, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.