SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

習近平が“身構える”…! 中印国境地帯で20万人インド軍…緊張が高まるt

 中国vsインド! 緊張が高まるヒマラヤの国境地帯


「インドはヒマラヤ山脈の中国との係争地に5万人以上の兵士を増員した」



これを伝えたのは6月28日付ブルームバーグである。インドと中国の国境を巡る対立は1962年の軍事衝突に端を発するが、昨年5月に過去数十年で最大規模の衝突が発生したことで再び緊張が高まっている。


今年2月に両国は一部地域からの引き揚げで合意したものの、その後の撤退交渉は停滞しており、これに業を煮やしたインドが、兵員を増強したのである。


ブルームバーグによれば、インドはここ数ヶ月間に部隊と戦闘機中隊を中国との国境沿いの3地域に移動させた。国境に配備された兵士は現在約20万人で、昨年に比べて40%あまり増加したと言われている。



注目すべきはインドの対中軍事戦略の大転換である。もともとインド軍の係争地駐留は、中国側の動きを阻止することを目的としていたが、今回の兵力再配備により「攻撃防御」と呼ばれる戦略の運用が可能となり、必要に応じて中国領への攻撃や占拠を行うことが可能となる。


インドが軍事力を増強した背景には、中国側の動きに触発された可能性があると指摘されている。


中印軍拡の原因は「地球温暖化」…!?


インド側の主張によれば、中国人民解放軍は最近、係争地の監視を担当する軍管区にチベットから追加兵力の配備を行うとともに、新滑走路や戦闘機を収容するための防爆バンカーを整備し、長距離砲や戦車、ロケット部隊、戦闘機などを追加投入しているという。



昨年の両国の衝突で中国側の犠牲者は、インド軍の20人を上回る45人だったとの情報がある(中国政府の公式発表4人)。一連の戦闘でも軍事力に劣るインド軍が終始優勢だったとの観測もある。中国側に「捲土重来」を果たさなくてはならない事情があるのかもしれない。 


いずれにせよ、このような両軍の軍拡の状況についてインドの軍事専門家は「国境管理の手順が壊れた現在の状態で両国が多くの兵士を配備するのはリスクが大きい。現地での小さな出来事が不測の事態を招く可能性がある」と危惧の念を隠さない。


インドと中国が対峙するヒマラヤの地帯は、高地ゆえの厳しい自然条件から両軍の運用は困難を極めていたが、このところなぜ両軍の軍拡が進んでいるのだろうか。



その主な要因は地球温暖化だという説がある。高原地帯に位置するこの地域特有の「寒さ」が緩み、多くの兵士や兵器などを投入することが可能になったというわけである。


ヒマラヤの氷河崩壊が招く最大危機


『ザ・ディプロマット』(アジア太平洋地域の政治・安全保障問題を専門に扱うオンライン雑誌)は6月2日、「気候変動がインドと中国の対立を激化させる」と題する報告書を公表した。


米ウッドウェル気候研究センターが安全保障の専門家とともに「2040までに起きる気候変動がインドと中国との関係に及ぼす影響」を予測しているが、その中で「温暖化により、ヒマラヤ地帯での軍の活動範囲が広がり、これまでよりはるかに大規模の衝突が発生するリスクが高まっている」と指摘している。



同報告書はヒマラヤ地帯の軍事衝突のリスクとともに、両国の間の水をめぐる争いについても警鐘を鳴らしている。最も警戒すべきは中国のチベット自治区からバングラデシュを経てインドに流れる大河、ブラマプトラ川である。


ブラマプトラ川流域のインド北東部では例年のように数百万人が洪水の被害に遭っており、温暖化によりその被害がさらに大きくなることが危惧されているが、こうした危険をさらに助長しかねないのが、中国がブラマプトラ川上流で推進している巨大なダム建設事業である。



ブラマプトラ川は中国ではヤルンツアンポ川と呼ばれているが、中国がこの川に建設する水力発電所の規模は年間3000億kWhになると見込まれている。


世界最大の水力発電所である三峡ダムの発電量の約3倍というとてつもない数字だが、下流に位置するインド側は「中国のダム建設が自国に大損害をもたらすのではないか」と気が気でない。


ヤバすぎる中印の対立


今年2月ヒマラヤ山脈の麓のインド・ウッタカランド州で作業中の従業員が、ナンダ・デヴィ氷河の崩壊により発生した大洪水に飲み込まれて多数死亡するという事故が発生したが、その原因はこの地域の水力発電所建設にともなう地盤の揺れである。


その後の調査では氷河崩壊は時間の問題であったことが明らかになっている。


氷河崩壊の危険はこの箇所だけではない。ヒマラヤ地帯全域にわたるリスク要因である。2019年の調査によれば、ヒマラヤの氷河は今世紀に入ってから、それまでの25年間に比べて2倍の速さで溶けていることが明らかになっている。


衛星写真の分析によれば、ヒマラヤ地域に存在する氷河は全部で3624あり、そのうち47は非常に危険であることがわかったという。温暖化による氷河の崩壊がこのところ相次いでいるのだ。


このような状況下で、中国での大規模な水力発電建設にともなう氷河崩壊というリスクを、インド側は黙って見過ごすわけにはいかないだろう。


米ウッドウェル気候研究センターの専門家は「上流地域にある中国が先に立ち上がり、包括的な形で河川管理を巡る協定をインドとの間で結ばなければならない」と提言しているが、中国はメコン川流域の水力発電プロジェクトで東南アジア諸国と摩擦を起こした前歴がある。


核保有国「中印バトル」の緊張感が高まってきた


残念ながら今の中国にそのような穏便な解決が期待できるとはとうてい思えない。


米科学誌ネイチャーは2019年に「地球の気温が産業革命以前の水準を2度上回れば世界の武力紛争リスクは13%増加し、4度上昇すればそのリスクは26%に高まる可能性がある」とする論文を掲載した。


いま最も警戒すべきは核保有国であるインドと中国の武力紛争のリスクではないだろうか。

習近平が“身構える”…! 中印国境地帯で20万人インド軍…緊張が高まるt 習近平が“身構える”…! 中印国境地帯で20万人インド軍…緊張が高まるt Reviewed by RichKid on 7月 09, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.