SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

球場に怒号!阪神2軍でもサイン盗み騒動…両軍監督を中心に首脳陣がもみ合いとなり

 「ウエスタン、中日-阪神」(10日、ナゴヤ球場)



両軍監督を中心に首脳陣がもみ合いとなり、球場が騒然となる一幕があった。


阪神七回の攻撃終了直後、一塁コーチャーの中村外野守備走塁コーチが何らかの声に反応。中日・工藤外野守備走塁コーチが応戦するそぶりが見られた。すると、両チームの首脳陣がホーム付近に集まり、もみ合いに。怒号が飛び交った。


阪神の攻撃は七回2死満塁、井上の中飛で終了していたが、中日側から阪神の走者が何らかの伝達行為を行ったのではないかとのアピールがあったと見られる。中日・仁村2軍監督が「やってるやんか、こうやって」とベルト付近を触り、両足を踏むような仕草を見せ、平田2軍監督は「やってるわけないやんか」と抗議。両チームの首脳陣の激しい言い合いとなった。



不穏な空気の中、両チームの選手は静かに見守った。約4分の中断後、松本球審が場内アナウンスで両チームに警告を発し、警告試合として試合が再開された。


阪神は1軍で、6日・ヤクルト戦に“サイン盗み疑惑”が起こったばかりだった。


阪神の「サイン盗み疑惑」から一夜明けた7日、セ・リーグの杵渕統括は前夜の試合後、両軍ベンチが口論になったことについて事実確認を行ったと明かした。


“西のカトパン”ヒロド歩美アナ プロ野球選手と結婚志願?



「阪神球団には紛らわしい行為がない方がいいと注意をお願いした」(杵渕統括)という。


「紛らわしい行為」とは、二塁走者の近本がリードを取る際に再三、左手を動かしていたこと。阪神は7日の試合前のミーティングで紛らわしい行為をしないように確認したそうだが、クビをかしげたくなるのはヤクルトサイドの抗議に「絶対やってないわ!」と激高、高津監督をケンカ腰で怒鳴りつけた矢野監督の態度だ。


両リーグのアグリーメントには「ベンチ内、ベースコーチ、走者から打者あるいは塁上の走者に対して球種等の伝達は行わない」とある。サイン盗みと受け取られるような行為をしたこと自体に非があるのに、「(サイン盗みを)やるわけがないだろう!」と声を荒らげたのだ。



矢野監督は「二塁走者の近本が何かサインを送っているとか、勘違いして言ってきた。オレは現役時代から1回も(不正を)やったことがない。そういう野球は一番やりたくない」と“潔白”を主張して怒り心頭だったものの、問題なのはサイン盗みを疑われるような紛らわしい行為を近本がしたこと。だからこそ杵渕統括も阪神に注意したのだ。


選手が注意を受けるような行為をしながら、開き直って声を荒らげた矢野監督は盗人猛々しいというか、泥棒に入りながら戸締まりがなってないと家主に説教をたれる「説教強盗」のようなものではないか。その品性が疑われる。


その阪神は7日のヤクルト戦に敗れ、2位巨人とのゲーム差は「1.5」に縮まった。


2軍戦だから結果より内容で勝ち負けはそこまで重視されないんだがな。走者の動きに神経質になる感じはしばらく続きそうだね。


いい機会かもね。審判が判断できるように、きちんとしたルールを作ればよい。


二軍って「選手育成」が目的の一つなんだからさ、そこでこんな問題が発生したら、サイン盗みを教育しているのかってことになる。そうならないためにも、選手にはサイン盗み疑惑になるような行為を修正する教育をしてほしい。



(個人的には先日の近本の件からやっていないであろうとは思いますが)真偽はさておき、一度そのように見えればしばらくは紛らわしいものは黒として相手には見られかねませんね。


選手ごとの癖、ルーティンなどもあるでしょうしなかなか踏み込みにくい範囲ではあるでしょうが、疑わしいと毎回試合が止まっていては仕方ありませんし何かしらのガイドラインやルール整備は必要かもしれませんね。

球場に怒号!阪神2軍でもサイン盗み騒動…両軍監督を中心に首脳陣がもみ合いとなり 球場に怒号!阪神2軍でもサイン盗み騒動…両軍監督を中心に首脳陣がもみ合いとなり Reviewed by RichKid on 7月 10, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.