SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「恐ろしいプレーだ…」菊池雄星が無念の負傷降板!『右膝の打撲』yus

 快調に飛ばしていたエースが予期せぬアクシデントに見舞われた。



現地時間6月5日、敵地で行なわれたロサンゼルス・エンジェルス戦で、シアトル・マリナーズの菊池雄星が先発登板。大谷翔平との“花巻東高校対決”も実現させた。


初回にいきなり大谷に弾丸ライナーの一発を浴びた菊池だったが、その後は4回までに毎回の8奪三振と快投を披露。力強いフォーシームと大きく曲がるスライダーを軸にしたピッチングで、エンジェルス打線をほとんど寄せつけない。



そんな菊池をアクシデントが襲う。味方打線が5点を挙げて逆転に成功し、迎えた5回のマウンドだった。

 

5回無死1塁の場面でデビッド・フレッチャーが放ったピッチャーライナーが右膝付近に直撃。苦悶の表情でマウンド付近に崩れ落ちた左腕は、自力で立ち上がれずに降板を余儀なくされた。



奪三振ショーを披露していた菊池の右膝の打撲による負傷交代には、MLB公式サイトで執筆するレット・ボリンジャー記者が「とても苦しんでいるように見えた」とツイート。さらにエンジェルスの地元紙『LA Times』のジャック・ハリス記者は「とても恐ろしいプレーだ」と見解を示した。


なお、試合は6回裏を終了して6-5とエンジェルスが逆転に成功している。


米メディアからも心配の声が相次いだ。先発したマリナーズの菊池雄星投手(29)は5回にピッチャー返しのワンバウンド打球が菊池の右膝の下に当たった。菊池は地面に倒れ込んだまま自力で立ち上がれず、結局サービス監督らに両肩を抱えられながらベンチに退いた。



放送局FOXのオニール記者は、診断が「右膝の打撲」だったとツイート。さらに「本当にいい投球だった。無事でありますように。ひどい痛みのようだった」とツイートした。


放送局CBSスポーツは「退いた状況を考えると、少なくとも深刻な故障の可能性がある」と伝えた。


投球内容は4イニング3分の0を5安打4失点(自責3)。無四球で、4回まで毎回の8三振を奪い、64球中48球がストライクだった。

「恐ろしいプレーだ…」菊池雄星が無念の負傷降板!『右膝の打撲』yus 「恐ろしいプレーだ…」菊池雄星が無念の負傷降板!『右膝の打撲』yus Reviewed by RichKid on 6月 06, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.