SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

正に知の巨人、立花隆さん死去!ご冥福をお祈りしますta

 正に知の巨人。ご冥福をお祈りします。多くの調査報道やベストセラーを発表し、「知の巨人」として知られるジャーナリストで評論家の立花隆(たちばな・たかし、本名・橘隆志=たちばな・たかし)さんが4月30日、急性冠症候群のため亡くなった。80歳。葬儀は故人と遺族の意思により家族葬で行われた。



1940年、長崎市生まれ。両親ともクリスチャンの家庭で育つ。教員だった父が赴任していた中国・北京で敗戦を迎えた。東京大文学部仏文科を卒業した64年、文芸春秋に入社し雑誌記者となるが66年に退社、フリーとなる。67年に東京大文学部哲学科に学士入学した。在学中から雑誌などにルポや評論などを発表。74年には月刊「文芸春秋」に「田中角栄研究 その金脈と人脈」を発表した。首相だった田中氏の政治手法を入念な取材と裏付け調査で明らかにし、田中氏退陣のきっかけとなった。同企画は「調査報道の先駆」「雑誌ジャーナリズムの金字塔」として高く評価された。


その後は「日本共産党の研究」など政治をテーマとした執筆を続ける一方、米国のアポロ計画で月に渡った宇宙飛行士を取材し、その内面の変化をたどった「宇宙からの帰還」や、人の死、人が生きていくことの意味を問うた「脳死」「脳死再論」など科学分野でも多数の意欲作を残した。



後進の育成にも力を入れた。東京大で非常勤講師や客員教授などを歴任。ゼミ出身者が作家や記者、編集者などになった。2007年にがんの告知を受け手術。以後自らの体験を雑誌に発表するなど、がんに関する取材・執筆を続けた。他の主な著作に「中核VS革マル」「農協 巨大な挑戦」「ロッキード裁判傍聴記」「シベリア鎮魂歌 香月泰男の世界」「天皇と東大 大日本帝国の生と死」「武満徹・音楽創造への旅」など。多分野に及ぶ活躍で菊池寛賞(83年)や毎日出版文化賞(87年)、司馬遼太郎賞(98年)などを受賞した。


立花先生の「田中角栄研究 その金脈と人脈」は本当に素晴らしい著作だった。


入念な取材と裏付け調査という今のマスコミがとっくの昔に捨て去ったジャーナリズムの何たるかが凝縮されてたように思う。合掌。



あの猫ビルの膨大な書物はどうなるのだろうか・・・「ペンは剣よりも強し」を見事に実践された歴史に残るジャーナリストであり、著作家だと思います。謹んでご冥福をお祈り致します。


昔に別宅が全て所蔵庫になっている映像を見て驚嘆した。地上3階で地下もあったが全て蔵書で埋まっていて、それ全て読んだのかと思ったら気が遠くなった。

正に知の巨人、立花隆さん死去!ご冥福をお祈りしますta 正に知の巨人、立花隆さん死去!ご冥福をお祈りしますta Reviewed by RichKid on 6月 23, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.