SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

サムスンにも暗雲が垂れ込め始めた…韓国サムスン没落の予兆ss

 韓国サムスンにはこれまで労組が存在しなかったが、去年5月にその方針を撤廃して労組を許容するようになったという。それから雨後の筍のように次々と労組が増え始めて、ついに労組が工場で座り込みストを開始したようだ。これによりディスプレーの生産が滞り輸出にも悪影響が出るだろう。



サムスン・ディスプレーの労働組合は21日、賃金交渉が決裂し労組幹部中心のストライキに突入した。昨年5月、イ・ジェヨン(李在鎔)サムスン電子副会長が、「無労組経営方針」の廃棄を宣言して以来、サムスングループの系列会社では初めてのストライキになる。サムスンでは労組の動きを注視しているという。


同社の労組は同日、忠清南道牙山キャンパス内で争議対策委員会の発起式を行った。同委員会の幹部6人は、同日から座り込みに突入した。


労組側は現在決裂状態の賃金交渉が終わるまで座り込みを続ける計画だ。労組関係者は「労組は組合員全体でのストライキも考慮している」と説明した。



今回のストライキは賃金交渉が決裂したことを受けて発生した。労組側は年初から賃金交渉を進めており、基本引き上げ率6.8%を要求してきた。しかし、会社側はこれまで労組の役割をしてきた、「労使協議会」と合意した基準引き上げ率4.5%以上は不可能だという立場を示している。


サムスンの内外では、今回のストがサムスン電子をはじめ、他の系列会社にも影響を与えかねないと見ている。


昨年5月の李副会長の国民に対する謝罪後、サムスンの主要系列会社には続々と労組が設立され、労使関係に変化が生じている。今年初めにもサムスングループ内で、20~30代の社員を中心に「成果給論争」が提起されたのも、無労組経営廃棄後の前向きな変化と見られる。



財界関係者は「無労組経営廃棄宣言後、初めて起きたストライキなので、社員の注目度が高いのは事実」としながらも、「他の系列会社は勤労条件、社員の利害関係が違うため、影響は限定的だ」と述べた。また「対話を通じて認識の格差を縮めるなら、成熟した労使関係も作れるだろう」と述べた。


一方、現在、サムスン・ディスプレー労組の組合員数は、全従業員の10%を上回る2400人。会社側は「対話の窓口を開いており、労組側が応じる場合、交渉再開の意向がある」と説明した。


有名な話だ。他の韓国企業が労組に足を引っ張られる中で、サムスンは無労組だから業績を伸ばしやすかった。ところが去年にサムスン副会長がその方針を撤廃してから労組が激増したと。



クーパンのように熱中症になりそうでも水を与えないとか普通にありそうだよな。韓国企業文化はどこもそういう風になっているとしても不思議はない。サムスンも例外じゃないよな。


一方、韓国サムスンで数少ないまともな役員が退職したようだ。インド出身で天才科学者とも呼ばれていたプラナフ・ミストリー氏が、9年間の職務を終えて去ることになった。2012年に30代前半で入社していた。こういう実際の価値を生み出せる人物が辞めるということは、いよいよサムスンの没落が近付いてきたと言える。


サムスン電子で最年少常務という肩書きを持っていたインド出身の天才科学者プラナフ・ミストリー氏(40)がこのほど、サムスン電子を退職したことが22日、確認された。同氏は30代前半でサムスン電子に入社、2014年12月に33歳にして最年少でサムスン電子の役員になり、2020年には専務に昇進した。



同氏は19日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「ツイッター」に「サムスンでの9年間という興味深い旅を終えて、新たな挑戦をし、新しいことを始める決心をした」「ギャラクシー・ウォッチからギアVR、人工知能からロボット工学まで、サムスンで多くの素晴らしい製品や技術をリードして作り上げる機会を得た」と投稿した。


同氏は、SF映画の中に出てくるような拡張現実(AR)技術を現実の世界で具現した天才科学者として有名だ。2009年にマサチューセッツ工科大学(MIT)メディア・ラボにいた時、知識共有講演会「TED」で「指を動かすと壁に画面が出て、空中で指先により画面をコントロールする」革新的なAR技術「シックスセンス」を具現し、全世界の注目を集めた。


サムスンの株価にも暗雲が垂れ込め始めた


韓国株式市場で個人投資家が年初来27兆ウォン(約2兆6300億円)も買い越したサムスン電子の株価は21日、前日比600ウォン(0.75%)安の7万9900ウォンで引けた。サムスン電子株が大引けベースで8万ウォン以下に下落したのは5月27日(7万9600ウォン)以来だ。


サムスン電子株が7万ウォン台に下落すると、500万人の小口株主の間にため息が漏れた。韓国総合株価指数(KOSPI)が年初来13%上昇する間、サムスン電子の株価は反落し、運用益はマイナスとなっている。


取引時間内には一時8万ウォンの大台を回復する場面もあったが、外国人と機関投資家による売り攻勢を阻むには力不足だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)が先週、早期の利上げを示唆して以降、外国人と機関投資家の売りが強まっている。21日もサムスン電子株を外国人が3400億ウォン、機関投資家が2600億ウォンそれぞれ売り越した。それを受け止めたのは個人投資家だった。


証券各社は依然サムスン電子の株価見通しを楽観している。金融情報業者FNガイドによると、サムスン電子の目標株価コンセンサスは10万3000ウォンだ。


目標株価を10万5000ウォンに設定しているハンファ投資証券は、サムスン電子について、「今年10-12月期から業績が後退するとの懸念は行き過ぎだ」と評した。同社のアナリスト、イ・スンハク氏は「メモリー価格が10-12月期から下落するとみて、投資家は7-9月期に業績がピークを迎えた後、下り坂になると懸念している。しかし、ピークアウト(業績がピークを過ぎること)への行き過ぎた懸念よりもポジティブな面を見るべきだ」と指摘した。


野村証券もDRAMやNAND型フラッシュメモリーの価格が底入れしており、2023年まで半導体のスーパーサイクルが続くとみて、サムスン電子の目標株価を11万ウォンに設定している。

サムスンにも暗雲が垂れ込め始めた…韓国サムスン没落の予兆ss サムスンにも暗雲が垂れ込め始めた…韓国サムスン没落の予兆ss Reviewed by RichKid on 6月 23, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.