SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

粘着物質検査に笑顔で対応するエンゼルス・大谷翔平…帽子を渡してベルト外すoh

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地・ジャイアンツ戦で「2番・投手」で出場した。投打同時出場は8度目。2回の投球後に審判団から粘着物質検査を初めて受けた。



2回まで4奪三振2安打無失点。上々の立ち上がりを見せてベンチに戻る最中に審判団に呼び止められた。大谷はグラブと帽子を審判に渡し、自らベルトを外す。笑顔を浮かべる場面もあった。審判団から一連の検査を受け、一言二言、言葉を交わしてベンチへ戻った。


大谷への検査に場内は大ブーイングだった。打撃では初回1死で一ゴロに倒れた。今季4勝目、日米通算50勝をつかめるか注目だ。


ただし、6回9奪三振6安打1失点で降板し、今季4勝目と日米通算50勝はならなかった。防御率2.58。



2登板続けての中5日での投球。毎回のように走者を背負う投球となったが、4回まで無失点で切り抜けた。しかし5回。1死からヤストムレスキーに右越えへ先制ソロを浴びた。続くディッカーソンの右翼への二塁打、ポージーの四球で1死一、二塁のピンチを招いたが、ベルト、クロフォードを2者連続空振り三振に仕留めた。同点に追いついた6回は3者凡退に抑え、雄叫びをあげた。フォーシームの最速は99.2マイル(約159.6キロ)。105球(ストライク65球)は今季最多だった。


打席では今季8勝のガウスマンと対戦。初回1死は一ゴロに打ち取られ、3回1死と5回2死は空振り三振に倒れた。降板後は守備につかず、2試合連続無安打。3打数無安打2三振で打率.265となった。



ア・リーグ本拠地の試合でア・リーグチームが指名打者を解除し、ナ・リーグチームがDH制を使用するのはメジャー史上初だった。勝ち星こそつかめなかったが、主戦投手としてきっちり結果を出した。


6回105球を投げ6安打1失点、9奪三振で降板し、勝敗はつかなかった。球速の最速は159キロで防御率は2・58となった。打っては3打数無安打だった。


メジャー自己最多となるシーズン11度目の先発登板で、投打当時出場は8度目。



前回登板の17日(同18日)のタイガース戦では「2番・投手」で投打同時出場し、6回5安打1失点5奪三振で3勝目を挙げていた。


前日22日(同23日)の同カードでは「2番・DH」で打者として先発出場し、3連続三振を喫するなど3打数無安打1四球。この日の試合前までの通算成績は、投手は10試合で3勝1敗、防御率2・70、打者は68試合で242打数65安打54打点、23本塁打、10盗塁で打率・269となっていた。


決して調子は良くなさそうだったけど、それでも終わってみれば6回1失点のQS。


あの激戦区のナ・リーグ西地区首位のジャイアンツ相手と考えれば素晴らしい出来。しかも味方のHRで同点に追いついてくれた。



6回の投球を終えた後にマドン監督が大谷と握手をした後に水原通訳とも握手をしていたのがなんか良かった。マドン監督も今日の大谷の投球には満足だと思う。


大谷としては仕事はきっちりと果たしたのだから、後はチームが奮起して何とか勝利してほしい。

粘着物質検査に笑顔で対応するエンゼルス・大谷翔平…帽子を渡してベルト外すoh 粘着物質検査に笑顔で対応するエンゼルス・大谷翔平…帽子を渡してベルト外すoh Reviewed by RichKid on 6月 24, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.