SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

エリクセンが意識を失った…シモン・ケアーは精神的ショックで途中交代e

 デンマークは12日、ユーロ2020の第1節でフィンランド代表と対戦。2大会ぶり9度目の出場となるデンマークが試合を優勢に進めていた中、前半の終盤に悲劇が起きる。



43分、クリスティアン・エリクセンがスローインのボールを受けにいくと、足元がおぼつかず、そのままピッチへと力なく倒れ込む事態に。突然の出来事に一瞬時が止まったが、すぐに選手たちが気が付き、エリクセンの下へ。ドクターも呼ばれる緊急事態となった。


スタンドの観客も騒然とする中、10分以上の治療がピッチ上で行われ、その後ストレッチャーで運び出されたエリクセン。緊急搬送された病院では状態が安定し、最悪の結末は免れ、安堵が走っている。



エリクセンは病院へ救急搬送され、試合は中断。エリクセンが意識を取り戻し、容体が安定したとの情報が入ると、中断からおよそ1時間50分後に試合は再開された。


デンマーク代表を率いるカスパー・ヒュルマンド監督は欧州選手権(EURO)初戦のフィンランド戦(0-1)でMFクリスティアン・エリクセン(インテル)が試合中に倒れるアクシデントを乗り越え、試合再開を受け入れた選手たちに「これ以上ないほど誇りに思う」と賛辞を送った。


「人生で最も大切なことはなにか、それは価値のある人間関係を築くことだと気づかされた。我々の選手たちはどれだけ称えても称えきれない。私の大切な友人(エリクセン)が苦しんでいる時にお互いを気遣い合える彼らのことをこれ以上ないほど誇りに思う」



試合の再開には2つの選択肢があったという。その日の内に再開するか、翌日の午後2時(現地時間)から再開するかのどちらかで、ヒュルマンド監督によれば、デンマークの選手たちには「明日またバスに乗ってスタジアムに来ることは想像できなかった」という。「涙を堪えるのに必死で、感情的に終わってしまった選手もいた。トラウマになるような経験で、私は何があってもOKだと伝えた」と選手の中にはプレー続行が困難な状況だったことも明かしている。


精神的ショックを最も強く引きずっていた選手の1人がキャプテンのDFシモン・ケアー(ミラン)だ。倒れたエリクセンの元へ真っ先に駆け寄って気道確保などの救急処置を行なったケアーだが、再開後の後半18分に途中交代。ヒュルマンド監督によれば「シモンはとても大きな影響を受けた。彼がプレーを続けられるかどうかは疑わしく、試してみたがやはり不可能だった」とケアーがプレーできる精神状態ではなかったと交代の理由を明かした。



「本物の男」「エリクセンの命を救った」とデンマーク代表主将シモン・ケアーの数々の行動に称賛の嵐。


1年越しに開催され、ファンもスタンドで見守った中で起こった悲劇。しかし、この緊急事態でケアーが見せた行動が称賛されている。



最も称賛されているのが、ケアーの最初の行動。エリクセンが倒れた中、気がついた味方が駆け寄る中、ケアーは遅れてきたものの、即座に気道確保の行動に。首を固定し、気を失ったエリクセンが舌を飲み込まないようにした。この行動が、エリクセンの命を救ったとも言われている。


さらに、その後はCPR(Cardio Pulmonary Resuscitation)という心肺蘇生ができる体勢にエリクセンを置き、ドクターが来てすぐ処置に移せるようにしており、この的確な対応に多くの称賛の声が集まった。


キャプテンとしてチームを牽引するケアーだが、さらに素晴らしい対応を見せる。


心肺蘇生が始まると、今度は現場でこの事態を見ており、ショックを受けているエリクセンの妻であるサブリナさんのケアに。カスパー・シュマイケルとともに、ピッチサイドのサブリナさんの下へと行き、落ち着くように声を掛けていた。エリクセンは専門家のドクターの処置に任せ、家族のメンタルケアにまで動いていたのだ。


極め付けはチームメイトに声を掛け、治療を受けるエリクセンの前に壁を作ったこと。ショックが大きいことはケアーも同じだったが、キャプテン以上に1人の人間としての素晴らしい行動は、エリクセンを最悪の事態に招かなかったことに大きく貢献したはずだ。


インテルでエリクセンのチーメイトでもあるイタリア代表MFニコロ・バレッラも自身のインスタグラムのストーリーズで「真のキャプテンであり、本物の男」と称賛。その他、ジャーナリストらも「エリクセンの命を救うことができた」など、SNSを通じて、ケアーの行動を褒め称えた。

エリクセンが意識を失った…シモン・ケアーは精神的ショックで途中交代e エリクセンが意識を失った…シモン・ケアーは精神的ショックで途中交代e Reviewed by RichKid on 6月 13, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.