SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

山口俊が9日に本格交渉開始で電撃合意!2年ぶりの復帰

 巨人が、ジャイアンツ傘下3Aサクラメントを退団した山口俊投手(33歳)と条件面で合意に達し、19年シーズン以来2年ぶりの復帰が決まったことが9日、分かった。近日中にも正式に発表される。この日から交渉を本格化させ電撃決着となった。チームはオリックス・宮城にあわやノーヒットノーランの完敗。首位・阪神とのゲーム差が今季最大の5に開く中、頼れるタフネス右腕が救世主となる。



実力派右腕を巡る動向が、一気に進展した。巨人が獲得に乗り出していた山口とこの日、条件面で合意に達したことが判明した。既に関心を示していた他球団へ、山口本人が断りの連絡を入れたという情報もあり、近日中に正式発表される見込み。19年以来、2年ぶりの古巣復帰が確実となった。


山口は19年オフに巨人から球団初のポスティングシステムでブルージェイズに移籍。メジャー1年目の昨季は17試合に登板し2勝4敗、防御率8・06に終わった。今年2月、ブ軍を戦力外となった後にジャイアンツとマイナー契約を結んだ際、メジャー昇格がならなかった場合はオプトアウト(契約破棄)できる条項が付帯しており、今月に入ってその権利を行使して傘下の3Aサクラメントを退団。5日に帰国した後、新型コロナウイルスの水際対策として入国翌日から起算して3日間にあたる8日までは検疫所が確保する宿泊施設で待機していた。8日に行った検査で陰性が確認されたため、残る自主隔離期間を自宅で過ごすことが可能になっていた。



巨人は大塚球団副代表が「帰国したら連絡を取ります」と明かしていた通り、本人の帰国からこれまでの間にも、山口サイドと電話やメールなどでコンタクトを取っていたという。自宅待機に切り替わったことで、この日から非対面の形で交渉を本格化し、条件面で合意に達した。一気の進展の裏にはもちろん、右腕が夢へ挑戦する際にも快く後押しし、練習施設の使用許可など、常に門戸を広げてくれていた巨人への恩義もあることは想像に難くない。


順調ならば、今後は19日までの自主隔離期間を経て、20日にもチームに合流、調整を開始することになりそうだが、頼もしい戦力となることは間違いない。大塚副代表は、獲得に乗り出す方針を明かした際に、「先発もできるし、後ろもできる。うちは今、両方とも十分ではないからね」と、役割を問わず起用できるタフネスぶりを評価していたが、まずは先発として準備させることが有力だ。右肘の違和感を訴えていた菅野、昨年10月に左肘のクリーニング手術を受けたメルセデスが戦列に復帰し、戸郷、高橋、サンチェス、今村と再整備が進んできたが、19年に先発として最多勝、最高勝率、最多奪三振と投手3冠に輝いた山口の実績は色あせず、そこには競争も生まれ、先発陣にとってさらなる追い風となる。首位・阪神猛追への救世主として期待がかかる。



◆山口 俊(やまぐち・しゅん)1987年7月11日、大分県生まれ。33歳。柳ケ浦高から2005年高校生ドラフト1巡目で横浜(現DeNA)に入団。16年オフに巨人へFA移籍。18年にノーヒットノーランを達成、19年に最多勝など3冠。オフにポスティングシステムで2年最大915万ドル(約9億6000万円)でブルージェイズと契約。父は大相撲の元幕内・谷嵐。187センチ、98キロ。右投右打。

山口俊が9日に本格交渉開始で電撃合意!2年ぶりの復帰 山口俊が9日に本格交渉開始で電撃合意!2年ぶりの復帰 Reviewed by RichKid on 6月 10, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.