SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

日本、アジア2次予選で無傷の7連勝!森保監督が古橋、橋本、川辺らの突き上げに喜び

 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の日本代表対タジキスタン代表は6月7日、パナソニックスタジアム吹田で行なわれ、日本が4対1で勝利を収めた。



6月3日のU-24日本代表戦から先発8人を入れ替えて臨んだ日本は、立ち上がりからボールを支配。開始6分にはカウンターから浅野拓磨が抜け出すと、こぼれ球を拾った古橋亨梧が左足で叩き込み、日本が早くも先制する。


しかし3分後、日本はタジキスタンに自陣に押し込まれると、右サイドからのクロスをパンシャンベにヘディングシュートで叩き込まれ、ネットを揺らされる。日本は2次予選初の失点で、1-1の同点に追いつかれた。


日本はその後、引き気味になったタジキスタンの堅守に苦しめられたものの40分、右サイドをえぐった古橋からのクロスに、ニアサイドへ飛び込んだ南野拓実がワンタッチで押し込みネットを揺らす。日本が2-1と勝ち越した。南野は本田圭佑に並ぶ、ワールドカップアジア予選歴代最多タイの7試合連続ゴールとなった。

 


1点リードで迎えた後半、日本は南野に代えて鎌田大地、原口元気に代えて坂元達裕を投入する。


51分、日本は鎌田が中央でタメを作ると、橋本が右サイドへ展開。パスを受けた山根の折り返しを橋本がダイレクトでゴール左隅へ流し込みネットを揺らす。日本が橋本の国際Aマッチ初ゴールで3-1とリードを広げる。


日本はさらに71分、前線からの守備でタジキスタンを押し込むと、ボランチの川辺駿がインターセプトからダイレクトでゴールに流し込む。4点目を奪った。川辺は代表2試合目での初ゴールとなった。



日本はその後も、タジキスタンに反撃を許さず、安定した試合運びでゲームを終わらせた。結局、4-1で日本が勝利を収め、アジア2次予選で無傷の7連勝を飾った。


森保監督が古橋、橋本、川辺らの突き上げに喜び


試合後にフラッシュインタビューに応じた森保一監督は、「難しい試合になるとは思っていたので、そういった意味で先制点を奪って、追加点を重ねていきたいところでした。失点したあと、下を向くことなく、我々がやることを選手たちがやり続けてくれて、そしてまた追加点を奪えたところが良かったと思います」と喜びを語る。



4得点のうち3点は、古橋亨梧、橋本拳人、川辺駿という代表キャップ数の少ない選手が決めたもの。特に橋本と川辺はこの日の得点が代表初ゴールとなった。こうした突き上げが期待されていた選手たちが結果を残したのも、小さくない収穫だ。


「経験の浅い選手たちがこうやって結果を出してくれるというのは、またその選手たちの経験値が上がって成長にもつながると思います。それにチームにも良い刺激になって、これからまた我々が成長していくために素晴らしい活躍をしてくれたと思います」


そう微笑んだ指揮官は「もう2試合、個の力を上げる、チーム力を上げる。我々が高い目標を目指してやっていることを、この2試合はっきり出したいと思います」と、6月シリーズの後半戦に意気込んでいる。


6月シリーズは残り、11日にキリンチャレンジカップセルビア戦(ノエビアスタジアム神戸)、15日にキルギス戦(パナソニックスタジアム吹田)が組まれている。

日本、アジア2次予選で無傷の7連勝!森保監督が古橋、橋本、川辺らの突き上げに喜び 日本、アジア2次予選で無傷の7連勝!森保監督が古橋、橋本、川辺らの突き上げに喜び Reviewed by RichKid on 6月 07, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.