SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

「カップヌードル」“フタ止めシール”廃止を発表!年間33トンのプラスチックが削減

 日清食品は4日、発売50年目を迎えた「カップヌードル」でおなじみの“フタ止めシール”を廃止すると発表した。これにより、年間33トンのプラスチックが削減できるとしている。シール廃止に伴い、開け口を2つにした新形状のフタ "Wタブ" の採用も発表された。



きのう3日、「カップヌードル」公式アカウントでは「さようなら、全てのフタ止めシール。#西暦2021年6月4日11時発表」と予告され、SNSで大きな話題となっていた。


の投稿文とともに、カップヌードルではおなじみの「フタ止めシール」の画像を公開しました。ユーザーからは「フタ止めなくなる?」「毎回使ってたのに困る」「最強のアイテムなのに」「お前なしでどうやって…」「ええええええー!」など驚きの声が広がっています。



4日、同アカウントでは「発売50年を機に、カップヌードルの底に付けていた『フタ止めシール』を廃止することにしました。これで年間33トンのプラスチックが削減できます」と発表。また、同社の公式サイトでは今回の決定を受け、シールがなくてもふたを止められるよう、「開け口を2つにした新形状のフタ "Wタブ" を採用し、2021年6月から順次切り替えます」と新仕様を公開している。


“フタ止めシール”ことタックシールは1984年9月に採用。37年目でその役割を終えることとなった。


■「タックシール」誕生は1984年9月



フタ止めシールの正式名は「タックシール」。登場したのは1984年9月のことでした。同社サイトによると役目は、「外装フィルムを剥がしやすいように底に取り付けられたシール。剥がした後は、熱湯を注いだ後の上ぶたの固定に利用する仕掛け」。


2013年10月には、顧客からの要望の声「剥がしたときに、シールの接着面に外装フィルムが付いてきて、ふたにシールが付けづらい」をもとに現在の形に改善。「底のフィルムに穴を開けるための馬蹄形の切り目をフタ止めシールを剥がす方向と反対向きに変更することで、フィルムが付かなくなりました」(同社「CSR報告書2014」より引用)。




素晴らしい。コストカットが目的かと予想していた自分を恥じた。しかも年間33トンという数字にも驚いた。


日清のカップヌードルは常に業界を牽引してきた。これからもこのようなイノベーティブな取り組みを先駆けていってもらいたい。


あとはこのWタブで本当に熱いフタが開かないかどうか。早く試してみたい。


昨年は「ノザキコンビーフ」の鍵のような金具がなくなったが、こちらは製缶ラインの設備老朽化が原因だった。


フタ止めシールについては、パッケージのフィルムのほかにシールのコストがかかるのでどうしても削りたい部分ではあっただろう。

「カップヌードル」“フタ止めシール”廃止を発表!年間33トンのプラスチックが削減 「カップヌードル」“フタ止めシール”廃止を発表!年間33トンのプラスチックが削減 Reviewed by RichKid on 6月 04, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.