SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

大谷翔平は3年ぶり2打席連発でキング独走!審判たまらず制止も...本人は苦笑い

 エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ニューヨークでのヤンキース戦に「2番・DH」でスタメン出場。第2打席に両リーグ単独トップに立つ3試合連続27号ソロ、さらに続く第3打席でも28号アーチを放ち、本塁打王争いで“独走態勢”に入った。大谷の2打席連発は3年ぶり2度目。チームは5―11で敗れ連勝は2でストップ、借金は再び3となった。



初回1死の第1打席はヤ軍先発右腕タイロンの前に右飛だったが、3回の第2打席で3ボール1ストライクからタイロンの外角チュンジアップを完ぺきに捉えて右翼席にライナーで飛び込む27号ソロ。打球速度は109・6マイル(約176・4キロ)、飛距離は395フィート(約120・4メートル)。前日28日(同29日)の同カードの初回に右越え26号ソロを放ったのに続く3試合連続アーチで、26本塁打で並んでいたブルージェイズ・ゲレロに1差をつけ、本塁打王争いで両リーグ単独トップに立った。大谷の3試合連続アーチは、今月18、19、20日(同19、20、21日)のタイガース戦以来で今季3度目。また、25日(同26日)のレイズ戦から続く連続試合安打を「4」に伸ばした。


さらに5回無死二塁の第3打席では、内角直球を捉え、またもライナーで右翼席に飛び込む28号2ランで、ゲレロに2本差をつけた。打球速度は112・4マイル(約181キロ)、飛距離は356フィート(約109メートル)。大谷の2打席連続本塁打は、18年8月3日(同4日)のインディアンス戦で10号2ラン、11号ソロを放って以来2度目。これで6月は13本目で、07年7月に松井秀喜(ヤンキース)が記録した日本人月間最多記録に並び、ア・リーグ月間MVPにも大きく近づいた。また、27日のレイズ戦で3安打して以来、今季22度目となるマルチ安打もマークした。7回1死の第4打席は左腕コーデスと対戦し中飛、9回2死一塁の第5打席は右腕アブレイユと対戦し一ゴロだった。



前日は26号ソロを含め5打数1安打1打点で、通算打撃成績は73試合261打数72安打60打点、26本塁打、11盗塁で打率・276となっていた。


敵将アーロン・ブーン監督は「見事だった。彼は別次元に向かっている」と最大級の賛辞を送った。


ヤンキー・スタジアムで2戦3発と大暴れの二刀流にブーン監督は「彼は……」と言葉に詰まりながらも「見事だった」と称えるしかなかった。これまでも大谷を評価していた指揮官だが「数年前に初めて見た時も強い印象を受けたが、彼は別次元に向かっているように思える。打席に立つ時にはそんな雰囲気がある」と改めてその才能を高く評価していた。



変幻自在の投球に、日本の野球ファンからはSNSで「打たせないように必死なんだけど、お互いに笑顔っていう笑」「こうでもしないと今の大谷さんは抑えられない笑」と面白がる反応が相次いでいる。


ヤンキースのユーチューブ動画では、コルテスを「決して強い球を投げるわけではないが、ワインドアップ、アームスロット(リリース時の腕の角度)、送球ペースを常に変化させることで、驚くほどの幻惑性を生み出している。投球スタイルはユニークだが効果的」と紹介している。



1本目は外角低めを少し泳ぎながら運び、2本目は高めのボール気味の速いボールをかぶせるようにして弾丸ライナーとどちらも凄いホームランでした。


先日は内角の速いカット系のボールをレフトへ運びましたが、大谷選手でなければ打てないようなものが多く、本当にバリエーションが豊富なことに驚かされます。


かつてはイチロー選手のマルチヒットが日常だったように、今は大谷選手のホームランが日常になっていますが、シーズン最後まで怪我することなく打ち続けてくれることを期待したいですね。


この日の2本塁打で、大谷翔平選手の6月の月間本塁打は13本となり、2007年7月に松井秀喜選手が樹立した日本人の月間本塁打記録に並びました。


松井選手が2桁の月間本塁打数を記録したのは、後にも先にもこれ1回しかなかったことを考えれば、神がかったペースで本塁打を量産していたのが理解できると思いますが、現在の大谷選手もやはり神がかったペースで本塁打を放っているというこになります。


ちなみに大谷選手自身にとっても月間本塁打数が2桁を記録したのは初めてのことですが、本塁打王を争うようなペースで推移している今シーズンを見る限り、今後も2桁の月間本塁打が期待できそうです。


様々な記録で松井選手を上回ることは確実で、もはや誰もが認めるMLB史上最高の日本人スラッガーになりました。素晴らしいの一言です。

大谷翔平は3年ぶり2打席連発でキング独走!審判たまらず制止も...本人は苦笑い 大谷翔平は3年ぶり2打席連発でキング独走!審判たまらず制止も...本人は苦笑い Reviewed by RichKid on 6月 30, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.