SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国の原発からも放射性物質流出…韓国南部の沖合で発見の「32本足」のタコ

 韓国の月城原発から放射能が漏れていることが分かった。使用済み核燃料プールの遮水膜が2012年の補修工事の際に誤って破られ、そのまま放射性物質が海に流出してしまっているという。韓国では32本足のタコが見つかったというが、明らかに月城原発のせいだろう。日本の処理水を批判する資格は1ミクロンもない。



韓国の月城(ウォルソン)原発1、2号機の地下にある使用済み核燃料プールの下を流れる地下水の水位が、豊水期にはプールの底より2メートルほど高くなることが、韓国水力原子力の作成した資料から確認された。このような状態では、プールから漏れ出す放射性物質が地下水に混じって環境に広がる可能性が高い。通常の地下水遮断や排水対策を超えた特別な対策の必要性が指摘される。


本紙が入手した韓水原の「月城原発敷地等水位線図」によると、月城1、2号機の使用済み核燃料プール周辺の地下水は、降水量の多い豊水期(2014年8月現在)には海水面から約5~6mの高さに形成される。使用済み核燃料プールは横12メートル、縦20メートル、深さ7.8メートルの水槽型の構造物で、その底は地表から8.61メートル下の海抜3.39メートルに位置する。豊水期には地下水の水位がプールの底から1.6~2.6メートルの高さにまで上昇することになる。



重水炉である月城原発の使用済み核燃料プールの内部は、プラスチック樹脂のエポキシコーティングで仕上げられている。このため、エポキシ塗膜が熱や放射線などの影響で劣化して損傷した場合は、使用済み燃料棒をひたしてある冷却水内のトリチウム(三重水素)がコンクリートの壁と床から外へ染み出す可能性があるというのが専門家の説明だ。しかもプールのエポキシ塗膜の劣化損傷は珍しくない。韓水原の文書「月城原発敷地内の地下水のトリチウム管理の現状および措置計画」によると、韓水原が月城原発で使用済み核燃料プール、使用済み樹脂貯蔵タンク、液体廃棄物貯蔵タンクのエポキシ塗膜を補修した回数は、2018年以降だけでも10回を超える。


使用済み核燃料プールの下部には、このように漏れ出す放射性物質が地下水と混ざって環境に流出することを防ぐ遮水膜が設置されている。しかし、月城1号機のプール地下の遮水膜は、日本の福島第一原発事故後の安全補強工事(2012年)の過程で損傷したことが明らかとなっている。施工社が格納建屋のろ過排気設備を設置するために基礎を打ち込んだ際に、0.5ミリの厚さのあるビニールの遮水膜にまで穴を開けてしまったのだ。環境団体側の原子力専門家たちは、プールから漏れ出た放射性物質がこうして損傷した遮水膜を通り抜け、環境に流出していると主張してきた。



実際に、韓水原の「措置計画」と題する文書には、2019年8月から2020年5月にかけて月城1号機プール下の遮水膜の上に溜まった水を集めた集水槽から、1リットル当たり最高で35万4000ベクレルのトリチウムが検出されたと記されている。このような高濃度はプールからの漏れ以外には説明が困難だ。同じ時期に、遮水膜の下の地下水からも1リットル当たり最高3万9700ベクレルが検出されている。海へと流れるこの地下水の濃度も、2014~17年の月城1、2号機からの通常の排水の最大濃度平均(1リットル当たり39.52ベクレル)の1000倍を超える。


このような状況において地下水の水位がプールの底より高くなるのは、漏れ出る放射性物質がより容易に環境に流出することになるため、深刻な問題だというのが専門家の抱く懸念だ。「原子力の安全と未来」のイ・ジョンユン代表は「この状態だと、プールから漏れるトリチウムのような放射性物質がより容易に地下水と混ざり、環境に流出するのは避けられない。正確な実態を調べて地下水を遮断しなければならない。また、排水施設を直ちに補強して放射性物質が地下水を通じて流出するのを防ぎ、プール内部をエポキシ塗膜から軽水炉原発のようなステンレス鋼板へと交換すべきだ」と述べた。



韓水原は、問題はないという立場だ。韓水原は本紙に対し「原発の構造物が地下水位より高い場所に位置しなければならないという要件はない。原発の主要構造物は地下水流入遮断施設または永久排水施設を外部に設置し、地下水位が上昇しても構造物に直接水が当たらないように設計、施工されている」と述べた。


しかし、遮水膜のような地下水流入遮断施設はすでに破損している状態であり、地下水の水位がプールの底から2メートルほど高くなっている状況においても排水施設が本来の機能を果たしているかどうかは疑問だというのが専門家たちの指摘だ。原子力安全委員会のパク・チャングン専門委員(カトリック関東大学土木工学科教授)は、「コンクリートは水の中では老朽化が早く進むため、地下水が上がってくる場所にプールのような原発構造物を造ってはならないというのは、基準以前に常識の問題」と指摘した。



韓国南部の沖合で発見の「32本足」のタコ、原因は「日本の放射線」と主張する韓国ネットユーザーも



韓国南部のキョンサンナムド(慶尚南道)サチョン市の沖合で、32本の足を持つミズダコが発見された。この「不思議なタコ」をめぐり、韓国ネットユーザーらがさまざまな主張を展開する中で、一部のネットユーザーは「日本の放射線の影響」を指摘している。


去る23日、慶南日報や釜山日報によると、サチョン地域の漁業者が今月15日に32本足のミズダコを捕獲したと伝えた。軟体動物であるミズダコは頭と8本の足を持つが、その日捕れたミズダコの足は木の枝のように32本に分かれていた。



漁業者は「ミズダコの禁漁期なので放してやろうと思ったが、足が多いので詳しく見てみた。生まれて初めて見るものだったため、研究用に必要かと思い、保管している」と話した。


このニュースについて、韓国の一部ネットユーザーは「日本の放射線の影響により、奇形の海産物が発生しのでは?」、「安心して食べられない」、「南部地域にも放射線の影響が出始めた」など不安視する声も。


しかし、学界ではミズダコの足にできた傷が癒される過程で「過剰再生現象」が見られることもあるという。この点を挙げて「今回のことを日本のせいにするならば、世界のあらゆる”突然変異”はチェルノブイリ原発事故が原因になる」、「事実関係を調査してから意見を述べるべき」などの声も多く寄せられた。



一方、日本では1957年に85本足、1988年に96本足のミズダコが発見されたことがあるとも伝えられている。

韓国の原発からも放射性物質流出…韓国南部の沖合で発見の「32本足」のタコ 韓国の原発からも放射性物質流出…韓国南部の沖合で発見の「32本足」のタコ Reviewed by RichKid on 6月 28, 2021 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.